バイヤーになるには

まずは企業に入社を バイヤーとして働くために、必要な資格は特にありません。ですが、バイヤーという職業をめざす場合、どんなジャンルのバイヤーになりたいかによって、必要な経験やスキルは変わってきます。 服や靴のセレクトショッ … 続きを読む

バイヤーに向いている人、適性

流行に敏感な人 バイヤーという職業は「この商品なら確実に売れるだろう」ということを見極めたうえで商品を買いつけるのが仕事です。 ファッションやグルメ、電化製品など、それぞれの業界での最新の情報を手にしていなければ、こうし … 続きを読む

バイヤーの需要と就職・採用募集状況

人気が高いアパレル業界 商品を買いつける仕入れ係であるバイヤー。さまざまな業界に、その活躍の場があります。 人気が高いのは、アパレル業界。都会で流行しているセレクトショップには、バイヤーが選んで買いつけてきた靴や洋服や小 … 続きを読む

バイヤーの資格

「販売士」の資格をとる人も バイヤーの仕事をするにあたって、特別な資格や免許は必要ありません。しかし、一般的に「持っておくと役に立つ」と言われている資格はあります。 そのひとつが、「販売士」の資格です。「販売士」は、日本 … 続きを読む

バイヤーの志望動機・例文

バイヤーならではの志望動機を バイヤーになるための就職試験で志望動機を述べる場合、「洋服が好きだからファッションバイヤーになりたい」「語学力を活かして海外と取引をしたいから食品のバイヤーになりたい」というように自分の好き … 続きを読む

バイヤーの面接

就職試験では面接が重要 バイヤーの就職試験では、面接試験が合否を決めるうえでの重要な試験となります。 商品の仕入れを担当するバイヤーは、買いつけを通して交渉や情報収集をする機会が多いので、高いコミュニケーション能力がある … 続きを読む

バイヤーのスキル、勉強すること

センスだけでは仕事ができない よく、バイヤーに必要なのは「センス」といわれます。 たしかに、この仕事において、人気が出そうなもの、世の中で流行するものをいち早く見つける「嗅覚」のようなものは不可欠ですが、決してセンスだけ … 続きを読む

女性のバイヤー

女性のバイヤーもたくさんいる バイヤーは、男性でも女性でも活躍できる仕事ですが、全体として見ると男性の割合のほうが大きいといわれています。 しかし、時代が進むにつれて女性のバイヤーはどんどん増えており、学生時代からバイヤ … 続きを読む

バイヤーへの転職、中途採用

経験者を中心とした採用になる バイヤーの中途採用の求人は、そのほとんどが「経験者」を求めるものとなっています。 一般的に、バイヤー業務のほか、MD(マーチャンダイイング)、店舗運営管理、商品開発などの経験がある人を応募条 … 続きを読む

副業のバイヤー

個人バイヤーに挑戦する人が増えている バイヤーというと、アパレル業界のショップや百貨店などに勤務し、国内外を飛び回って買い付けを行う専門職というイメージを抱く人も多いことでしょう。 しかし、近年は個人で商品を仕入れ、お金 … 続きを読む