個人、フリーランスのバイヤー

フリーランスのバイヤーになるために

バイヤーは、アパレルメーカーや百貨店などの企業へ勤務して働く人が大多数ですが、なかにはフリーランス、つまり個人で仕事をしている人もいます。

しかし、バイヤーの仕事は決して簡単なものではなく、未経験者やバイヤー経験の浅い人が、いきなりフリーランスで仕事をするのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

バイヤーには関連分野に関する商品知識のほか、売れそうな商品を見極める力、商談をスムーズに進めるための交渉力、仕入れの際に必要な会計や原価計算の力など、さまざまなスキルが必要になってきます。

こうしたスキルは、実際にバイヤーとしての業務経験を積んでこそ身につく部分も多いため、現在フリーランスのバイヤーとして働いている人も、まずは企業のバイヤー職としてしばらく働き、知識やスキルを身につけてから独立という形が多くなっています。

インターネットを使った仕事をする人も増えている

ただし、最近はインターネットの通販ショップが一般的なものになり、昔に比べると、気軽にバイヤーの仕事に手を出しやすくなっている一面もあるようです。

雑貨、アクセサリー、洋服など取り扱う商品のジャンルはさまざま考えられますが、自分の好みやセンスを生かして世界中からよい商品を見つけ、仕入れ、ネット通販をするという方法です。

ネット通販は、実際に店舗を出すことに比べるとお金をかけずにスタートすることができ、小規模でも事業をしやすい特徴があります。

こうした仕事でバイヤーとしての経験を積んでいき、さらに大きな仕事に挑戦する人もいるようです。

バイヤーとして起業する人も

また、個人のバイヤーとして実績を残していった先に、バイイングを行う会社を立ち上げて事業を展開する人もいます。

会社形態になると、個人で働いているよりもさらに大きなビジネスを展開しやすく、バイヤーとしての知識やスキルを生かして小売店のコンサルティングや新商品開発などにまで乗り出す人もいるようです。

フリーランスのバイヤーとして働く人はまださほど多くありませんが、語学力があれば世界を股にかけて働くこともできますし、何より「売れる商品を見極める力」を持った人は、多くの小売店などで必要とされています。