弁理士に向いている人、適性

新しい技術への興味関心

技術の進歩はめざましく、また、知的財産に関する法律もしばしば改正されています。弁理士は、これらについて常に新たな情報をキャッチしていかなければなりません。

この仕事をしている限り、勉強は一生続けていく覚悟が必要です。現場で活躍する弁理士には好奇心旺盛で勉強熱心、そして自分を高めようとする意識が強い人が多いです。

お客さまから信頼される人間性

弁理士は、お客さまの大事な発明やアイディアを代理人として扱います。そこで、何よりも大切になるのはお客さまから信頼されるだけの人間性です。

誰でも、自分の大切なものを見ず知らずの他人に任せるのは不安です。知識を身につけることも大切ですが、「この人になら任せても大丈夫」と思われる人間であることは必須です。

また、弁理士にはお客さまの情報を漏らしてはいけないという守秘義務があるほか、出願手続きでは常に期限に追われながら仕事をします。約束は必ず守る、相手の話をきちんと聞くなど、当たり前のことをきちんとできる人が求められます。

文章表現力

弁理士の仕事には、人とコミュニケーションをとることと、机に向かって一人でコツコツと書類作成をすることの両面があります。その中でも、文書作成は業務の多くを占めるため、書くことが苦手な人は慣れるまでかなり苦労するかもしれません。

発明内容を文章だけで論理的に、わかりやすく表現するのはとても難しく、何度も何度も上司に直されてようやく完成することもあります。読み書きが苦手な人は、できるだけ新聞や本を読んだり論文を書いたりすることに慣れておくとよいでしょう。

語学力と国際性

知的財産の分野は、年々国際競争が激しくなっています。日本では国内の出願件数が毎年ほぼ横ばいなのに対し、国際出願の数は増える傾向にあります。

海外の代理人とやりとりをする機会や、外国語の書類を読み書きする機会も多くなっており、高い語学力を身につけた人材の需要が高まっています。

英語を中心として外国語が得意な人、広い視野を持って国際性を兼ね備えた人は、この先ますます求められるようになるでしょう。