弁理士になるには

弁理士の資格取得が第一歩 弁理士として働くには、まず国家資格である弁理士の資格を得る必要があります。資格取得にはいくつかの方法がありますが、ほとんどの人は毎年行われる弁理士試験を受験し、合格することで資格を得ています。 … 続きを読む

弁理士に向いている人、適性

新しい技術への興味関心 技術の進歩はめざましく、また、知的財産に関する法律もしばしば改正されています。弁理士は、これらについて常に新たな情報をキャッチしていかなければなりません。 この仕事をしている限り、勉強は一生続けて … 続きを読む

弁理士の出身学部

理工系学部出身者が8割以上 弁理士が扱う特許の内容は理系分野が多いため、弁理士の8割以上が理工系学部の出身者となっています。弁理士試験にも理系科目が多く出題されますが、試験を受けるのに学歴や学部・学科による制限はないため … 続きを読む

弁理士になるまでの勉強時間

「3000時間」程度の勉強が必要 弁理士試験では特許や意匠といった工業所有権に関する法令をはじめ、さまざまな専門知識の理解が必要となるため、相当の勉強量が必要になります。 試験範囲に関する基礎知識の有無や勉強方法、どれく … 続きを読む

女性の弁理士

女性弁理士の活躍 2013年2月末日時点発表の日本弁理士会会員の分布状況では、男性弁理士が86.5%、女性弁理士が13.5%となっています。また、平成24年度弁理士試験の合格者を見ても、男性合格者が79.8%に対し女性は … 続きを読む