弁理士の大変なこと、苦労

期限に追われる仕事

弁理士が発明者の代理人となって行う出願業務では、それぞれの手続きの段階で細かく期限が決められています。

たとえば、申請内容が認められずに「拒絶理由通知」が届いた場合には、内容を再検討して意見書や補正書を提出しますが、もし書類を期限内に出さなければその時点で失敗に終わってしまう可能性もあります。

弁理士が扱う案件はどれも重要なものだけに、強い責任感とひとつの仕事を最後まできちんとやり遂げる意思が必要です。

実力主義の世界

弁理士の仕事はスキルを必要とし、自分の実力が目に見えてわかりやすいという厳しさがあります。特に、特許分野は技術への深い知識が必要となり、意匠や商標以上に扱うのが難しいとされています。

また、度重なる法改正への確実な対応や、案件ごとに必要となる技術への知識も変わってくるため、常に新しい情報を身につけるべく勉強を続けていかなければなりません。

出願を急ぐ時や、案件が重なれば徹夜で仕事をすることもあります。机に向かって勉強するのが苦にならない人、目標に向かって地道に頑張り続けられる人でなければ、この仕事そのものが苦になってしまうかもしれません。

明細書の作成

この仕事で最も大変なことのひとつは、特許の技術説明を行うための「明細書」といわれる書類の作成です。

明細書は案件によってはA4で何十枚に渡るほどの膨大な量になることもあり、誰が見てもわかるように表現方法を工夫しなければならないため、作成時には多大な集中力を要します。

自分の書いた明細書の出来が、仕事の成否を左右するといっても過言ではありません。始めのうちは上司のチェックを受けて、修正すべき点が真っ赤になって返ってくることもあります。

過不足なく明細書が書けるようになるまでには、何年もかかるといわれるほど大変な仕事です。