薬剤師の勤務先の種類と仕事内容の違い

調剤薬局で働く薬剤師

調剤薬局の薬剤師の仕事内容

薬剤師の活躍の場として最もイメージしやすいのが、調剤薬局でしょう。

病院内や病院の近くにある薬局に常駐し、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合して患者さんに渡すのが主な仕事です。

多くの人が、病気やケガのときに一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。

調剤薬局の仕事の流れとしては、まずは患者さんから医師が記入した処方せんを受け取ります。

それから病状などを簡単に聞きとり、問題がなければ薬を調合して渡します。

もしも処方の内容に不明な点や不審な点があれば、この時点で医師に連絡を取って確認をする義務があります。

患者さんへの丁寧な説明が大切

薬が調剤できたらあとは患者さんに渡すだけですが、この際に説明責任があります。

その薬がどんな効用のある薬なのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを丁寧に説明して患者さんに理解してもらうことも薬剤師の大事な仕事なのです。

もしも説明がうまく伝わらなくて、薬を飲み間違えてしまったら、思わぬ副作用が出るケースがあります。

健康体の人が飲んでもなんともない薬でも、アレルギーを持っている人や妊娠している人が飲むと危険な症状を引き起こすケースもあるのです。

こういったリスクを避けるために、薬剤師が患者さんに丁寧に説明をすることが求められます。正しく安全に薬を使ってもらうために、医療と患者さんの架け橋となるのが調剤薬局で働く薬剤師の役割です。

薬の発注や清掃も

患者さんが来ない時間には、薬の在庫を確認して足りないものを発注する作業を行います。

また、スムーズに薬を出せるように、風邪薬や湿布薬のようなよく出る薬を一定量ずつまとめて輪ゴムでとめておいたり、袋に入れておいたりもします。

これらは調剤薬局ではおおむねどこであっても、スタッフが協力して、ミスなく患者さんに正しい薬を渡せるように徹底しています。

さらに、室内の清掃も欠かせません。

薬局はたくさんの病人が訪れる場所でもあるので、いつでも清潔にしておくことが大切なのです。

薬剤師の仕事内容

病院の薬剤師

薬剤師というと一般的には「薬局の窓口で薬を処方してくれる人」というイメージが強いようですが、実際にはさまざまな活躍の場があります。

そのひとつが、病院です。

病院にはたくさんの患者さんが入院しています。

特に規模の大きい総合病院になると、内科から外科、産婦人科、皮膚科までさまざまな診療科があり、何百人もの患者さんがそれぞれの病気を治療するために入院しています。

入院患者さんの投薬をサポート

病院に勤務する薬剤師は、こうした入院患者さんに投薬するための薬を管理するのが主な仕事です。

医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合して準備したり、薬の在庫を確認して足りないものを発注したり、患者さんの副作用のチェックをしたりしています。

医療現場に密着したケアを

薬の処方をするという点では調剤薬局での仕事とあまり変わりませんが、使用する薬の種類には大きな違いがあります。

調剤薬局で取り扱う薬は塗り薬や飲み薬がメインになりますが、病院では注射薬や点滴用の輸液を多く取り扱います。

注射や点滴は患者さん個人の体の大きさやその日の病状に合わせて配合を変えることが多いため、調剤には細心の注意が求められます。

シフト制の勤務となることも

また、調剤薬局であれば夕方で店舗を閉め、日曜日や祝日等は休みということが多いのですが、病院の場合はそうはいきません。

注射や点滴は24時間、休日や祝日も行われるものであることが多いため、病院勤務の薬剤師は休日出勤や夜勤も多くなる傾向にあります。

チームの一員として活躍

大変な面も多い病院薬剤師ですが、医師や看護師と一緒にひとつのチームとして医療に携われるということや、患者さんに薬が効いているかどうかを自分の目で確かめることができるという点でやりがいを感じる人も多いようです。

治療が確実に進められるよう、投薬の面からサポートするのが病院薬剤師の大事な役割なのです。

ドラッグストア薬剤師

ドラッグストア薬剤師が増えている理由

最近では、医薬品や化粧品がたくさん揃えてある「ドラッグストア」が全国的に急増しており、ドラッグストアに勤める薬剤師も増えています。比較的給与が高いことが多いようです。

薬剤師が常駐している店もありますが、どちらかと言うと「平日だけ」あるいは「一部の時間帯だけ」薬剤師が窓口にいるという店も多くあります。

なぜドラッグストアに薬剤師が必要なのでしょうか?

その理由は、2009年に改正された薬事法にあります。

現行の薬事法では、薬の種類によって販売できる人を定めています。

薬剤師ではなくても販売できる薬「第二類医薬品」「第三類医薬品」に対して、薬剤師でなければ販売できない薬「第一類医薬品」があり、アレルギーの薬や胃薬、禁煙補助剤などは後者にあたります。
つまり、ドラッグストアは薬剤師がいないと後者のような薬を販売できないのです。

こうした理由から、お客さんが多い時間帯に薬剤師を雇いたいと考える店が多いのです。正社員からパートまで、ドラッグストアにはさまざまな働き方の薬剤師求人が出ています。

接客も掃除も仕事のうち

ドラッグストアで働く薬剤師は、お客さんからの相談や質問に答えながら症状に合う薬を選択して販売するのが役割です。

一方で、こうした店では、薬剤師でありながら1人の店員として働くことも求められます。

薬に関する業務だけをすれば良いというわけではなく、ドラッグストアで販売している他の商品を並べたり、お客さんに接客をしたり、レジ打ちをしたり…さまざまな業務があります。

店によっては店内の掃除も行います。

ドラッグストアで働く薬剤師の場合は、とにかく「店のことは何でもする」という姿勢が必要です。

遅くまで開いている店も多いので、帰る時間が遅くなることもあります。

研究よりも体を動かすほうが好き、接客が楽しい、というタイプの人に向いている仕事といえます。

製薬会社で働く薬剤師

薬剤師の活躍の場のひとつとして、民間の製薬会社があります。

近年の医学薬学の発展はめざましく、難病やがんを治療できるような最新の薬を作るため、世界中で薬の研究が行われています。

効果の高い新薬を作り出すことができれば製薬会社にとって莫大な利益につながるため、多くの製薬会社が薬の研究や開発に全力を注いでいるのです。

薬学部で勉強した人たちの一部はこういった会社の研究職に就職し、薬の臨床実験やデータ収集に携わっています。

ときには、厚生労働省に申請する新薬の承認申請書を作ることもあります。

このような薬の研究は医学の未来を左右するほど重要な仕事であり、同時に製薬会社の社運を背負う責任の重い仕事でもあります。

決して誰もが就けるような仕事ではなく、薬学部出身者のなかでも特に優秀な人材だけがたどり着ける仕事と言えます。

薬学部の学生のなかでも、研究職をめざすのであれば大学院まで進学して薬学の知識を深めてから就職するというのが一般的になっています。

MRとして活躍する道も

また、製薬会社には研究職以外にも医薬情報担当者(MR)としての職があります。MRは病院などに対して自社製品の薬の情報提供をするのが仕事です。

MRになるためには薬剤師の資格が必要なわけではありませんが、たくさんの医薬品を扱うため相当なレベルの薬学知識を必要とします。

薬学部出身の人はこうした分野の知識が抜きんでているので、MRになるには有利だと言われています。

実際に薬学部を卒業した後、民間の製薬会社でMRとして活躍している人はたくさんいます。

ただし、MRの仕事は自社製品の「情報提供」だけをすれば良いというわけではなく、販売につながるよう営業をかけることも仕事のうちです。

MRになるためには、薬学に詳しいだけではなく、薬を売るための営業能力があることも求められます。