マーケティングにはどんな種類がある?

マーケティングの種類はさまざま

ひとことで「マーケティング」と言っても、その内容はじつにさまざまです。

マーケティングは物が売れるための仕組みを作るための活動ですが、その活動分野がどんどん広がっているからです。

市場調査や、製品・サービスの企画・開発、広報、流通、デジタルマーケティングなどの分野に分けて専門の担当者を置く企業も少なくありません。

また、企業の業種や規模、扱う商品やサービスなどによっても仕事の内容は多岐にわたります。

業務の幅が広いため、社内では人材が足りず、マーケティング支援会社を利用するケースも少なくありません。

マーケティング支援会社では、マーケティングの特定分野に特化した会社や、マーケティング全体を支援する会社があります。

主なマーケティングの種類

情報収集・市場調査・分析

マーケティングの仕事はその土台となるデータがなければ始まりません。

そのため、マーケティング部門ではアンケート調査や街頭調査、店頭調査、自社ホームページやSNSなどを利用してさまざまな人の意見収集に努めています。

また、一連のマーケティング活動が終わったら、その効果を測定するためにデータの収集を行うのが一般的です。

こうして収集した情報を分析し、潜在需要や見込みの集客数、販売シェアの予測、売上高が最大になるような価格帯など、マーケティングに必要なさまざまな情報をまとめて報告書にし、関係者に共有します。

人手やノウハウが必要になるため、市場調査やアンケート調査、分析作業を専門に行う企業を利用するケースも多いです。

企画・開発

マーケティング部門のメインの仕事が製品やサービス、イベントの企画・開発という企業も多いです。

収集した情報を分析した結果から、ターゲットや提供すべき価値などを練り上げて製品・サービスの開発に役立てます。

また、どのように広告や販売を行っていくべきか、一定の期間を定めてマーケティング企画を立てていきます。

ここで決めたコンセプトに沿って多くの人が動くため、根拠と希望的なアイデアが求められる大事な部分です。

その後もマーケティング部門はコンセプトや企画に沿って業務が進んでいるかチェックしながらその実現を支援します。

営業・広報・広告中心

営業・広報・広告はマーケティングの仕事の中でも多く見られる形で、主に販売支援のための活動を中心に動きます。

マーケティングコンセプトにもとづいて、ターゲット目線で最適な売り方や宣伝方法を考えて実行します。

また、ターゲットの特性を考えて価格や販売ルートなどを提案したり、広告用コピーの立案や広告企画、カタログの掲載内容などを広報・宣伝の部門と一緒に考えたりすることも多いです。

近年はインターネットを利用したデジタルマーケティングの比重が高まっており、販売前から話題作りを行ったりSNSやオウンドメディアでターゲットの母集団を作ったりと、さまざまな方法で現場の販売を支援します。

網羅型

マーケティング部署やマーケターが上記の一連の仕事全てに関わり、全体のマーケティングの動きを統括します。

食品、飲料などのメーカーのマーケティング部門によく見られるパターンです。

日本企業では広告・宣伝中心のマーケティングが多く見られましたが、現在は外部のメディアだけでなく自社でメディアを作って情報発信を行う「デジタルマーケティング」も多く行われています。

自社メディアをもつことは、情報発信だけでなく情報収集においても有益です。

そのため、大企業でなくとも、情報収集に始まる一連のマーケティング業務を社内で担えることが増えました。

現在、マーケティング部署では網羅型やそれに近い形での活動を求められることが多くなっています。