柔道整復師になるための学校の種類と費用の違い(大学・専門学校)

柔道整復師になるための学校の種類

柔道整復師になるには、柔道整復師国家試験に合格して、柔道整復師の資格を取得しなければなりません。

しかし、柔道整復師国家試験は誰でも受験できる試験ではなく、受験資格を得るために、まずは柔道整復師養成課程のある大学・短大・専門学校のいずれかで学び、所定のカリキュラムを修了する必要があります。

上記に挙げた学校のうち、大学は4年制、短大は3年制、そして専門学校は3年制(一部は4年制)となっています。

つまり、定められた学校で最低でも3年以上は柔道整復について学ばなければ、柔道整復師国家試験を受けることはできないというわけです。

柔道整復師になるには・必要な資格は?

柔道整復師になるための大学・短大

大学・短大で学べることは?

柔道整復師になるための大学・短大は、全国で10校程度しかありません。

そのため、大学に進学したいと考えた場合、100校ほどある専門学校に比べると、だいぶ選択肢が絞られてきます。

大学や短大でも、専門学校でも、所定のカリキュラムに沿って、柔道整復師として必要な知識・技術を基礎から学ぶことができます。

大学で学ぶことのメリットのひとつは、卒業すると「大卒」の学歴が手に入ることです。

ただし、柔道整復師の仕事では、いざ現場に出てしまえば学歴を問われることはほとんどありません。

それよりも「どう経験を積み、どれだけの専門知識や技術を身に付けていけるか」ということのほうがずっと重視されます。

そのため、「1年でも早く現場に出たい」という人は、3年制の専門学校を選んで早く就職することを選ぶケースが多いようです。

逆に「大学で4年間、人間としての視野を広げていきたい」「大卒という資格がほしい」といった人や、単純にキャンパスライフを楽しみたいといった理由があるのなら、大学に通うという選択肢も出てくるでしょう。

柔道整復師になるための短大は全国に数校しかないため、通う人は決して多くありませんが、地域密着の学校が多く、「自宅から近い」「就職サポートが充実している」といった理由で選択する人はいます。

学費はどれくらい?

学費については、年間にかかる費用は専門学校の水準とほぼ同等ですが、大学の場合は4年制となるため、卒業までに専門学校より100万円~150万円程度、余分にかかるケースが多くなっています。

最低でも4年間で400万円~500万円程度は必要になる場合が多いでしょう。

短大の学費は3年制の専門学校と同じくらいで、300万円~400万円くらいが相場となっているようです。

柔道整復師になるための専門学校

専門学校で学べることは?

柔道整復師になるための専門学校の学習内容も、大学や短大と大きく異なるわけではありません。

どのような学校を選んでも、国家試験を受けるために必須となることは確実に学べます。

国家試験の合格率に大きな差はありませんが、年によっては専門学校のほうが若干高いともいわれています。

ただし、ひとことで専門学校といっても、学校ごとに校風も違えば授業の進め方なども異なります。

最近は、高いレベルでの臨床ができるようになるためのカリキュラムを組んだり、著名な講師による授業を展開するなど、学校ごとにさまざまな特色を打ち出しています。

とくに実習内容は学校ごとに最も特色が出る部分でもあり、スポーツ関連の実習や、大学病院や研修施設で臨床実習ができるような学校もあります。

専門学校は大学よりも多くの選択肢があるため、さまざまな学校を見比べてみるとよいでしょう。

学費はどれくらい?

専門学校の学費は、3年間の合計で、だいたい300万円~400万円となっています。

しかし、これよりも高く設定されている学校もあります。

初年度は、だいたい入学金が20万円~30万円、授業料(実習費含む)が100万円~150万円、合計して120万円~170万円程度は必要になる学校が多いようです。

なお、早期に申し込むことで入学金が減免されることがあります。

また、「はり師・きゅう師」「あんまマッサージ指圧師」など、同じ学校の他学科(コース)にも同時に入学を申し込んだ場合は、1つの学科の入学金が免除となったり、授業料が大きく減免される学校もあります。

授業料や実習費に加え、ほぼどの学校においても教科書代や実習で使う器材代、白衣代などは別途実費を負担する必要があります。

これらの金額は、3年間の合計で10万円~15万円程度となっています。

さらに、校友会費やレクリエーション費、卒業関連費などで、年間5万円程度かかる学校が多いようです。

また、柔道整復師の国家試験の受験手数料として16,500円が必要となります。

柔道整復師になるための通信講座はある?

先に見てきた通り、柔道整復師になるには定められた養成学校で3年以上、専門的な知識や技術を学ばなくてはなりません。

柔道整復師の専門学校のなかには夜間部を設置しているところもあり、社会人でも柔道整復師を目指すことができますが、仕事の関係上、夜間部に通うことが難しい人もいるでしょう。

そうした場合、通信教育のことを考える人もいるかもしれません。

しかし、柔道整復師は通信教育で勉強して国家試験を受けることはできません。

柔道整復師になるには、大学・短大・専門学校のいずれかに「通学」する必要があるのです。

独学で柔道整復師の国家試験受験資格を得ることもできないため、お金や時間の面も含めて、計画的に資格取得に向けた勉強をしていくことが大事になってきます。

柔道整復師の学校選びのポイントは?

柔道整復師の養成施設として認定されている学校であれば、基本的にどのような学校を選んだとしても、柔道整復師として必要な知識・技術を身につけることができます。

それというのも、柔道整復師になるためのカリキュラムは文部科学省令や厚生労働省令で定める基準に適合するように、解剖学・生理学・病理学・衛生学などといった分野を中心に、適切に組まれていなければならないからです。

しかし、柔道整復師の活躍の場は最近広がってきています。

それに合わせてスポーツ分野や美容分野で勤務するためのカリキュラムが組み込まれているなど、学校によって特色はあるようです。

そのため、柔道整復師の資格を生かしてスポーツトレーナーになりたいなど明確な目標がある人は、スポーツ分野に関するカリキュラムが組み込まれている学校を選択するとよいでしょう。

とくに専門学校は数が多く、学校ごとに施設や実習内容、学校行事などにも違いがあります。

さまざまな学校の特色を見比べながら、見学会やオープンキャンパスなどにもできるだけ実際に足を運んで、自分に合う学校を選んでください。