「経験がないからIT業界への転職は難しそう…」「いざ転職活動となると何から始めればいいのかわからない…」

このように、ITエンジニアという職業に興味があっても、いざ転職となると不安が生まれ、なかなか一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。

ただ、IT人材の需要が大きく高まっている現在、きちんと準備をすることで未経験・異業種からでもITエンジニアに転職することは可能です。

そこで本記事では、未経験からITエンジニアに転職するためのステップや準備すべきこと、転職のポイントなどを解説します。

転職活動をサポートしてくれるサービスについても紹介しているので、未経験からIT業界に進みたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ転職サイト紹介(PR)
マイナビITエージェント ・IT・Web業界専門の転職エージェント
・利用者満足度96%!無期限のサポートが充実
・経験者向け高待遇の求人も見つけられる
DODA ・日本全国の多彩なITエンジニア求人を取り扱う
・ITエンジニア専任のキャリアアドバイザー付き
・オンラインのキャリアカウンセリングにも対応
ハタラクティブ ・第二新卒、20代の転職を専門に支援
・完全未経験から希望業界での正社員転職を目指せる
・アドバイザーが転職活動の進め方を丁寧にサポート
リクルートエージェント ・転職支援実績No.1の大手転職エージェント
・年齢・地域・職種問わず多彩な求人取り扱いあり
・業界別の専門アドバイザーによるサポート

IT業界の転職と採用の状況

ITエンジニアへの転職状況や採用状況は、業界経験者と未経験者とでは違いがあります。

業界経験者の場合は、IT業界における同職種での転職はもちろん、他職種は他の分野への転向も比較的うまくいきやすい傾向があります。

全体的には人材市場は活発で、転職者も多い業界です。

一方、未経験人材の受け入れに対する考え方は企業によって異なり、人手に余裕がない中小企業の場合、どうしても即戦力になれる経験者が優先して採用されるケースが目立ちます。

ただし、情報化社会が進むにつれてITエンジニアのニーズは高まり続け、「売り手市場」の状況が続いています。

経験豊富なエンジニアだけでは人手が足りず、熱意あるITエンジニア志望の未経験者を積極的に受け入れる企業が多くあるのも事実です。

未経験者を歓迎する企業では、入社後に研修・勉強会などスキルアップの機会が豊富に設けられていたり、先輩に教わりながらプロジェクトに参加し、徐々に実践力を身につけてスキルアップしていくことができたりします。

業務内容や専門分野が多岐にわたるITエンジニアのなかでも、とくに未経験者が歓迎されやすい職種・分野もいくつかあります。

そのような職種からIT業界に入り、コツコツとキャリアを築いていくのもよいでしょう。

ITエンジニアへの転職の志望動機で多いものは?

他業界からITエンジニアへ転職する人の志望動機としては、「将来性のある分野で働きたい」という内容が多いです。

生活やビジネスのさまざまな場面で活用されるITに関わるエンジニアは、現在進行形でニーズが拡大しており、将来的にも安泰な職業だと考えられています。

なお、ITエンジニアは学歴や年齢性別に関係なく、技術や実績が評価される実力主義の仕事です。

手に職をつけることで、安心感をもって働き続けたい、自分の価値を高めていきたいと考える人は増えています。

スキルを磨いて難しい業務に携われるようになれば収入が増え、仕事や生活も安定しますし、思ってもいなかったような大きな舞台での活躍も期待できるでしょう。

また、大声で言及されることはそこまで多くないですが、実際には「高収入が期待できるから」という理由でITエンジニアになりたいと考える人も多いです。

また、IT業界は比較的働き方の自由度が高く、リモートワークやフレックスタイム制などの導入を進めている企業も多いです。

そういった、過度に会社から縛られない「自由な雰囲気・働きやすさ」を求めてエンジニアに興味を持つ人もいます。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

未経験からITエンジニアに転職するメリット・魅力

ここでは、未経験からITエンジニアに転職する主なメリット・魅力について紹介します。

需要が大きく活躍できるチャンスが多い

ITエンジニアは今後も高い需要が予想され、市場価値も高い職業です。

そのため、未経験からでも本当にやる気を出せば、どんどんスキルを高めてキャリアアップしていくことが可能です。

個人のスキルが重視される職業だからこそ、努力次第で高収入が目指せます。

転職市場も活発に動いているため、将来的にエンジニアとして別の環境で経験を積みたくなった場合でも、比較的転職がしやすいのも魅力です。

新たな技術を習得しインパクトのある仕事ができる

ITエンジニアは、新しいテクノロジーを開発したり、社会問題を解決するためのアプリケーションを作成したりと、現代社会を支え、より便利なものにする仕事に数多く携わります。

自分が身につけたスキルを生かして社会に貢献する喜び・やりがいを感じやすい職業といえるでしょう。

テクノロジーの進化にともない常に新しい知識やスキルを習得しなくてはなりませんが、だからこそ、いつまでも飽きずに仕事を楽しめると話すエンジニアも多いです。

働き方を自由に選びやすい

ITエンジニアは、フルタイム勤務でも、リモートワークが可能な場合が多くあります。

また、経験を積んでいけばプロジェクトベースで働くなど、自分自身のライフスタイルに合わせたフレキシブルな働き方もしやすいです。

なかには別の職業を持ちながら副業でITエンジニアの業務に携わることにより、収入源を増やす人もいます。

そのほか、フリーランスになる、起業をして自分で会社を立ち上げるなど、個々の希望に応じたさまざまなキャリアパスがあるのが魅力」といえます。

未経験からITエンジニアに転職するデメリット・大変なこと

どんな職業でも同じですが、仕事はただ楽しいことばかりではありません。

ITエンジニアになった場合の苦労・大変なことも事前に知っておくことで、いざ実務をスタートしたときにも慌てずに済むでしょう。

未経験からITエンジニアに転職するデメリットや大変なことを紹介します。

継続的な学習が必要

ITエンジニアは将来性が見込まれる職業ですが、決して仕事が楽なわけではありません。

むしろ、IT業界は日進月歩の業界で、次から次へと新しい技術が誕生します。

自分の知識・技術が足りていないと思うように業務を進めることもできず、つらい思いをしてしまいます。

そのため、いざ仕事に就いてからも努力を怠らずに最新の情報をキャッチし、知識やスキルをアップデートし続けなくてはなりません。

とくに未経験者の場合、最初は基礎的な知識から学ばなくてはならず、業務時間外にも自主的に勉強する必要があるでしょう。

常に納期を意識する必要がある

開発を手掛けるITエンジニアが関わるプロジェクトには、必ず「納期」が設けられます。

納期に余裕があればまだよいのですが、実際にはタイトなスケジュールが組まれることも多く、繁忙期には時間に追われ続ける日々が続くこともあります。

プロジェクトの規模が大きくなればなるほど関わるスタッフの数は増え、自分の作業が遅れれば周りにも迷惑をかけてしまうため、スケジュールを意識し確実に業務を遂行しなくてはなりません。

また、ITエンジニアの仕事ではシステムトラブルやバグが発生することもしばしばです。

原因がなかなか突き止められない場合や、解決に時間がかかる場合などには、長時間の残業をして対応しなくてはならないこともあります。

未経験からIT業界に入ると、はじめはIT業界特有のスピード感に慣れなかったり、プレッシャーや責任から精神的な負担を感じることもあるでしょう。

腰痛や眼精疲労などの職業病

ITエンジニアになると、1日に何時間もパソコンに向かう日々が続きます。

腰痛・肩こりは多くのエンジニアが抱えていますし、パソコン作業によって眼精疲労や腱鞘炎に悩まされる人も少なくありません。

また、あまりに体を動かさない日々が何年も続くと、少しずつ体重が増えて生活習慣病のリスクが高まってしまう人もいます。

ITエンジニアの業務そのものではどうしても体を動かす機会が少ないため、自分で意識的に健康維持・体力増強に努めることも大事になってきます。

ITエンジニアへの転職に役立つスキル・職務経験

ここでは、ITエンジニアへの転職において、どんなスキルや職務経験があると高評価を受けやすいかについて紹介します。

すべてを高いレベルで備えている必要はありませんが、自分の強みになることを見つけたら、積極的にアピールしていきたいです。

コミュニケーション・マネジメントスキル

ITエンジニアへの転職では、部署のマネージャーやチームリーダーなどの管理職の経験が役立ちます。

ITエンジニアは企画や設計、実際のシステム構築作業だけでなく、案件全体のマネジメントに関わる機会も多いからです。

とくに経験豊富になると、リーダーやディレクター的な役割を任されることもあるため、マネジメントスキルは業務に生かしやすいです。

また、営業職の経験者も、顧客ニーズのヒアリングや提案のスキルが生かせます。

ITエンジニアは一人で黙々とパソコンに向かう仕事と思われがちですが、実際には他のプロジェクトメンバーと意思の疎通を図りながら業務を進める機会も多いです。

エンジニアの個性もさまざまではありますが、コミュニケーションが得意であるに越したことはありません。

向上心・向学心

未経験からITエンジニアを目指す人にとって最も大切といっても過言ではないのは、「どれだけ向上心や向学心を持って仕事に向き合えるかどうか」です。

未経験者の転職活動となると、採用する企業側も、通常は現時点でのエンジニアとしての実務的なスキルにはほとんど期待していません。

その一方で、「これからどれだけ成長できそうか?」という伸びしろやポテンシャルには目を光らせ、そこを重要な合否の判断材料とするケースが多くあります。

エンジニアの実務に必要なIT関連の知識・スキルはたくさんあるため、ITエンジニアを目指すのであれば、それらを自主的に習得する姿勢は不可欠です。

やる気のない人は誰も採用したいと思いませんし、たとえ運よく現場に入れたとしても向学心がなければ成長スピードが遅く、仕事についていけなくなってしまうかもしれません。

とにかく前向きに学び続ける意欲、どんどんスキルアップしようという熱意があるかどうかは、ITエンジニアにとって大事な要素です。

その他(文章作成能力・英語力など)

書類作成や電話応対などの基本的なビジネススキルも、いざ実務に入れば役立つことが多いです。

したがって、一般的な事務職などの業務で培った経験・スキルも生かすことができます。

また、ITエンジニアの業務ではテキストチャットを使ったやり取りが多いため、文章で正しく意思を伝える力は必須です。

さらに、海外の取引先やパートナー企業を持つ企業に勤務する場合には、英語ができる人が評価されやすいです。

そのような企業以外でも、ITエンジニアは英語のマニュアルを読む機会もありますし、プログラミングのソースコードには英単語も出てくるため、英語が苦でない人が望ましいです。

仕事で英語を使う機会が多かった人、もともと英語が得意な人は有利です。

ただし、エンジニアとしての通常業務ではハイレベルな英語力は必要ないため、英語が苦手でも心配する必要はありません。

未経験でも挑戦しやすいおすすめのIT職種

ITエンジニアといってもその職種は多様で、ソフトウェアなどの開発を専門とする職種もあれば、IT基盤の保守や運用に携わる職種もあります。

また、ITのなかでもWeb業界に特化した職種もあり、それぞれ需要や転職難易度が異なります。

ここでは、未経験からでも転職しやすいITエンジニアの主な種類を紹介します。

プログラマー

プログラマーは、システム開発において、プログラム言語を記述する「コーディング業務」を中心に担当します。

仕様書に沿ってプログラミングスキルを発揮しながら開発を進めていく、まさにITエンジニアの基本といえる職種であり、多くの人手が必要とされることから未経験者でも挑戦しやすいです。

システム開発会社やソフトウェア開発会社、また自動車・家電などIT業界以外のメーカーなど、多様な勤務先の選択肢があることが特徴です。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)は、情報システムやソフトウェアの設計・開発に携わる職種です。

顧客ニーズやソフトウェアの目的・実現したいことなどを踏まえ、使用の策定や設計などを担当します。

SEは、システム開発の基本知識はもちろん、その全体像まで理解する必要があるため、プログラマー経験者がキャリアアップしてこの職に就く例が多いです。

ただし、大手SIer(システムインテグレーター)などの一部の企業では、未経験者でSE候補として採用し、自社で育成していく例があります。

現場には文系出身者のシステムエンジニアも意外と多くおり、ITの専門知識がなくても、本人のやる気次第で目指すことは可能です。

Webエンジニア

IT業界のなかでも「Web」の領域に特化し、そのサービス開発や運営・保守などに携わるのがWebエンジニアと呼ばれる人々です。

企業やサービスの情報などが掲載されるWebサイト、ネットショッピングに欠かせないECサイトなど、Webサービスは一般の人にとっても身近なものが多く、親しみやすいことが特徴です。

Webエンジニアは、専門分野によって「フロントエンドエンジニア」や「サーバサイド(バックエンド)エンジニア」などに細かく分かれますが、未経験でも比較的挑戦しやすい分野です。

最近は独学からWebエンジニアになる例も増えています。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、IT基盤の設計・構築・運用・保守に携わるエンジニアで、その専門分野から「ネットワークエンジニア」「サーバーエンジニア」「保守・運用エンジニア」の3種類に分けて語られることが多いです。

インフラエンジニアの特徴は、ITシステム・サービスの背後にある、ネットワークやサーバーを専門に扱うことです。

開発業務に携わることはさほど多くありませんが、情報化社会を支え、現代になくてはならない職種です。

他のITエンジニアと同じように専門知識は必要ですが、プログラマーやシステムエンジニアに比べるとインフラエンジニア志望者はあまり多くないこともあり、「未経験者OK」で採用をする企業も見られます。

サーバーやネットワークに興味がある人、ITシステムやサービスが正しく動くように守っていきたい人は、この分野を目指すのもよいでしょう。

ITエンジニアへ転職成功のポイントは?志望動機・自己PRの考え方と面接対策

未経験からITエンジニアへの転職を成功させるには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、多くの人が悩む志望動機の考え方や自己PRのポイント、面接対策について解説します。

志望動機の考え方・自己PRのポイント

未経験からITエンジニアになりたい場合、「なぜ、IT業界やエンジニアの仕事に興味を持ったのか?」という問いについて、しっかりと答えられるようにすることが大切です。

志望動機を考えるにあたっては、自分自身がITに興味を持った理由や、ITエンジニアとして何を目指していきたいのかなどを考えて、具体的にまとめるとよいでしょう。

知識やスキル面に関しては、未経験者であることを前提に、自分自身が持っているスキル・経験・学習してきた内容などを漏れなく伝えることが大切です。

たとえ独学であっても転職に向けた学習や準備を行っていることを伝えれば「本当にやる気がある」とみなされて、企業側からの評価が高まる可能性があります。

また、ITエンジニアの勤務先は多岐にわたるため、志望先企業の事業内容や求める人物像を事前によく調べておきましょう。

自分がその会社でどう貢献していこうと考えているかを伝えることも大事です。

面接のポイント

ITエンジニアへの転職の面接では、謙虚に、これから自分がどうなりたいのかを誠実に伝えることを心がけましょう。

少しでもITの知識があるように見せようと、正しく知らないIT用語を使うとコミュニケーションがうまく取れなくなりますし、見抜かれて評価が下がってしまいます。

自分が理解している言葉を適切に使って、真摯な姿勢で対話をすることが大切です。

また、ITエンジニアは継続的な学習が求められる仕事です。

給料のよさや先進的で華やかなイメージへの憧れをアピールしすぎると、仕事を甘く見ていると思われてしまい、あまりよい印象を与えられないかもしれません。

将来のキャリアまで具体的に考えていることや、足りないIT知識を補うための勉強に取り組んでいることを伝えるなど、地に足をつけて努力している様子を伝えましょう。

不安があれば「転職サービス」の活用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、担当のアドバイザーが自己PRや面接のアドバイスもしてくれるので、未経験からITエンジニアになりたい人はぜひ活用してみてください。

【未経験者向け】ITエンジニア転職におすすめの転職エージェント6選

未経験からITエンジニアへ転職したいと考えている人におすすめの転職エージェントを紹介します。

IT業界の事情をよく知る担当者が丁寧にサポートしてくれるので、業界未経験からIT業界への転職を成功させたい人はぜひチェックしてみてください。

マイナビITエージェント

「マイナビITエージェント」は、IT・Web業界を専門に扱う転職エージェントです。

「IT業界未経験OK」の求人も多数。担当カウンセラーもIT・Web業界出身者が多く、業界の事情を詳しく教えてもらうことができます。

無期限でのサポート付きなので、安心してじっくりと転職活動に取り組めるのもうれしいポイントです。

転職エージェント_専門(その他):IT・Web業界に特化(PR)
IT・Web業界に特化!未経験者・経験者問わず魅力的な非公開求人あり

マイナビITエージェント

  • 20代にはIT業界未経験OK求人も多数。経験者には年収600~1000万円の求人も!
  • 担当者はIT・Web業界出身だから専門的なことから仕事内容や働き方も詳しく
  • 利用者満足度96%!応募書類の添削で通過率7~8割。サポート期間は無期限
「マイナビITエージェント」は、マイナビが運営するIT・Web業界専門の転職エージェント。

大手メーカーSEやコンサルティングファーム、Web・ゲーム系、未経験OKなど幅広い求人があるので、IT・Web業界を志している人は登録しておいて損はありません。

20代なら未経験からIT・Web業界へのキャリアチェンジも可能で、経験者には年収600~1000万円の求人を紹介してもらえることも。

担当者もIT・Web業界出身者が多いので、職種ごとの働き方など業界ならではの質問にも答えてもらえます。

多くの転職エージェントは3か月前後でサポートが打ち切りですが、マイナビITエージェントは無期限なのも魅力。

まだ転職するか迷っている人、じっくり転職活動を進めたい人でも安心です。
無料登録はこちら

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、日本全国に拠点があり、地域や職種を問わず幅広い転職ニーズに対応する業界最大手の転職エージェントです。

取り扱い求人数が豊富で、IT業界の転職支援実績も多数。

未経験から応募できる求人も紹介してくれるので、まず登録しておくのにおすすめです。

転職エージェント:転職支援実績No.1(PR)
recruit-agent-header
引用:リクルートエージェント
転職支援実績No.1の安心感! まず登録するなら

リクルートエージェント

  • 業界最大手で転職に成功した人の実績が豊富!安心して任せられる
  • 年齢・地域・職種を問わず求人数が多いから、選択肢を増やせる
  • 全国に拠点がありIターン、Uターン転職にも対応してもらいやすい
「リクルートエージェント」は、転職支援実績No.1の業界最大手エージェントサービス。

実績がしっかりしているから安心して転職活動を進められます。

応募が殺到してしまうなどの理由で一般公開されていない非公開求人は10万件以上。関東圏以外の地方での転職やハイクラスの転職、20代はもちろん、40代以上の転職もカバーしています。

優良求人を逃したくない人、応募先の選択肢を増やしたい人は、求人数の多いリクルートエージェントは外せません。

業種・業界別の専門アドバイザーが、効果的な応募書類の添削や面接対策をしてくれるのも安心できるポイントです。

どの転職エージェントに登録するか迷っているなら、まずリクルートエージェントがおすすめです。

電話やオンラインでも面談してくれるので、気軽に相談してみてください。
無料登録はこちら

DODA

「DODA」は、転職情報が充実している求人情報サービス・人材紹介サービスです。

日本最大級の求人数を掲載しており、IT・Webエンジニア求人の取り扱いも豊富。大手企業からスタートアップまで、成長性抜群の優良企業を見つけることができます。

ITエンジニア専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるのも魅力です。

転職エージェント:転職の無料コンテンツ(PR)
doda-header
引用:doda
転職の無料コンテンツが豊富!転職が気になってる人へ

DODA

  • 無料で読める転職ノウハウや診断コンテンツなど転職の情報収集に最適
  • 求人検索の転職サイトとしても、転職エージェントとしても使えて便利
  • 転職セミナーやフェアも。1対1で悩みを話せる相談カウンターあり
「doda」は、転職情報が充実している求人情報サービス・人材紹介サービスです。

求人検索ができる「転職サイト」としても、転職支援を受けられる「転職エージェント」としても利用できるのが特徴。

情報を登録しなおす手間がなく、気になった公開求人について転職エージェントに相談するという使い方もできて便利。

転職フェアなどの気軽に足を運べるイベントもあり、1対1での相談カウンターもあります。

自分に向いている働き方がわかるキャリアタイプ診断や年収査定、自己PR発掘診断など、ビジネスパーソンなら一度やってみたくなる無料診断もたくさん。

dodaに掲載される記事を毎日少しずつ読んでいれば自然と転職ノウハウが頭に入ってきます。

転職するか迷っているけど情報は集めておきたいという人にもおすすめです。
無料登録はこちら

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、第二新卒や正社員経験のない20代向けの転職支援サービスです。

「未経験OK」の求人の取り扱いが豊富で、担当カウンセラーが個々に合う求人紹介や面接対策まで親身にサポートしてくれます。

これからIT業界で働きたいと考えている20代の人は、ぜひ登録をおすすめします。

転職エージェント:第二新卒・フリーターの転職サポート(PR)
第二新卒・フリーターの転職を専門にサポート! 未経験OKの求人を紹介

ハタラクティブ

  • 第二新卒や正社員経験のない20代向け。応募書類・面接の丁寧なサポート
  • 未経験OK、学歴不問の求人も多数。86.5%が従業員1000人以上の大企業に内定
  • 最短2週間で内定。就職先・転職先を早く決めたい人にもおすすめ
「ハタラクティブ」は、第二新卒、既卒、フリーターの20代を専門に正社員就職を支援してくれるサービスです。

社会人経験がない人、経歴・学歴に自信がない人にも「未経験OK」の求人を紹介してくれるほか、応募書類の書き方から面接まで丁寧にサポート。

ハタラクティブを利用した内定獲得者の86.5%が授業員1000人以上の大企業に内定しています。

内定が出るまでの期間は最短2週間ほど。早く安定した就職先を見つけたい方におすすめです。

担当カウンセラーとの事前面談では、希望の労働条件、職場の雰囲気などを詳しく聞いてから求人を紹介してくれるので、ミスマッチも少なく、面談後はLINEで気軽にやりとりできて便利。

対象地域は関東、名古屋、大阪、福岡です。未経験から正社員に就職したい方は、チェックしてみてください。
無料登録はこちら

Geekley

「Geekley」では、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを提供しています。

経験者向けのハイクラスな求人はもちろん、未経験者が応募可能な求人も取り扱っているので、これからIT業界を目指す人にもおすすめ。

業界事情に詳しいプロのアドバイザーのサポートを受けながら、自分の理想に合う転職先を探すことができます。

転職エージェント_専門(その他):IT・Web・ゲーム業界特化型の転職エージェント(PR)
IT・Web・ゲーム業界特化の転職エージェント。年収UP実績も多数!

Geekley

  • IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービス
  • 2万件以上の求人情報からベストマッチする求人を紹介
  • 年収700万円超の「エグゼクティブ案件」の取り扱いもあり
「Geekley(ギークリー)」は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。

10年以上の転職支援実績があり、各業界の事情をよく知るプロのアドバイザーが丁寧に転職活動をサポート。2万件以上の求人情報を扱っており、大手企業を中心に非公開求人数も2000社以上と豊富です。

一人ひとりの経験やスキルを踏まえて多角的に最適な求人をマッチングしてくれるので、理想の転職を実現する近道になるでしょう。

20代~50代と幅広い世代に利用されているGeekley。年収700万円以上のエグゼクティブ案件も扱っているので、高収入を目指したい人も必見です。
無料登録はこちら

type IT派遣

「type IT派遣」は、IT・Web業界に特化した人材派遣サービスです。

一人ひとりに専任コーディーネーターが付いて、転職活動の不安・悩みに親身に寄り添ってくれます。

最初は派遣からチャレンジしてみようかなと考えている人は、まずチェックしてみてください。

派遣サイト:IT・Web業界に特化した人材派遣サービス(PR)
IT・Web業界でスキルアップ!個々の希望に合う派遣先探しをサポート

type IT派遣

  • IT・Web業界のエンジニア・クリエイター向け人材派遣サービス
  • 業界の専門知識を持つ専任コーディネーターが親身にサポート
  • 福利厚生・スキルアップ支援などのバックアップ体制も充実!
「type IT派遣」は、IT・Web業界に特化した人材派遣サービス。

IT・Webの専門的なスキルを生かして活躍したいエンジニアやクリエイターなどの派遣求人を豊富に取り扱っています。

一人ひとりに業界の専門知識を持つ専任コーディネーターが付くので、転職活動の小さな不安や悩みも気軽に相談可能。

「さまざまな現場で経験を積みたい」「副業で働きたい」など、個々の細かな希望に合う求人をスムーズに探すことができます。

福利厚生・スキルアップ支援など、派遣先で安心して就業するためのバックアップ体制も充実。IT・Web業界のエンジニア・クリエイターとしてステップアップを目指す人におすすめです。
無料登録はこちら

未経験からのITエンジニアへの転職でよくある質問

ここでは、未経験からITエンジニアへ転職する人によくある質問をまとめています。

他にも心配な点・不明点があれば、転職エージェントのキャリアカウンセリングなどを活用して相談してみることをおすすめします。

ITエンジニアの転職に必要な資格・有利な資格はある?

ITエンジニアへの転職を目指すにあたって、資格取得は必須ではありません。

未経験者を資格なしでも採用する企業は多くありますし、業界全体としては資格よりもスキル重視の傾向が見られます。

そのため、未経験でも独学で勉強したり、プログラミングスクールで学んだりして最低限の知識・技術を身につけておくほうが効果的といえるでしょう。

ただ、資格の勉強をすれば自分のスキルアップに役立ちますし、余裕があれば取得しても問題ありません。

初心者におすすめのIT系資格として、以下のものが挙げられます。

  • 基本情報技術者
  • シスコ技術者認定試験
  • LinuC

「基本情報技術者」は、経済産業省が認定し、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験で、ITエンジニアの登竜門的な資格です。

広い分野のIT知識を習得できますが、合格率は20〜30%程度と決して簡単ではなく、一定の勉強時間が必要です。

どの分野のITエンジニアを目指す場合でも、基本中の基礎として取得を目指すのもよいでしょう。

「シスコ技術者認定試験」は、ネットワーク分野のエンジニアが取得することが多い資格です。

エントリーレベルの「CCENT」はネットワーク知識に加え、シェアの高いベンダーの機器操作が身につくため人気です。

「LinuC」は、Linuxを扱う知識や技術を問うもので、サーバーやセキュリティ、Webを扱うエンジニアの取得者が多く見られます。

最も難易度が低い「レベル1」の合格を目指すなら、1〜3カ月ほどの学習が必要です。

ITエンジニアを目指す人におすすめの資格は?

ITエンジニアへは何歳まで転職できる?

ITエンジニアには明確な年齢制限はありませんが、未経験からの転職は年齢を重ねるほど難しくなり、35歳を過ぎると応募可能な求人数は大きく減ります。

これは、一人前になるまでに多くの学習と時間が必要であるからです。

とくに即戦力を求める中途採用では、企業側は、未経験者で、学習時間を確保しにくい年齢の人は採用するのを控える傾向にあります。

また、職場によっては残業も多く、体力面での不安から年齢が高い人の採用が見送られることも多いです。

一般的には、30歳くらいまでに転職を考えるのがベターといえるでしょう。

知人や人材会社の紹介などを経た場合には年齢や技術に関係なく転職できる場合もありますが、その場合でも業務に関連するITの学習は必須です。

なお、すでにIT業界でエンジニア経験がある人なら、35歳以上でもよい条件で転職できる可能性は十分にあります。

未経験からITエンジニアの転職の失敗例として多いのは?

「IT業界」と聞くと、どうしても華やかで明るいイメージを抱く人がいます。

たしかに、IT業界では自由でフラットな社風や、若手中心で勢いのある雰囲気が特徴の企業も多く見られますが、実務の現場は想像以上に地味で、思った以上に時間に追われて多忙になるケースもよくあります。

ITエンジニアの業務でも地道で根気が必要なものは多くありますし、とくに新人時代は覚えることがたくさんあって苦労を感じることもあるでしょう。

転職後、イメージと現実とのギャップに苦しんでしまう人もいるため、転職活動の際にはできるだけリアルな情報を集めることをおすすめします。

また、「仕事内容が思っていたようなものではなかった」という失敗例もあります。

これも事前にきちんと企業研究や職種研究をしておくことで防げることなので、勢いまかせではなく、計画的に転職活動を進めることが重要です。

自分がどんな仕事をしたいのか、どんなエンジニアになりたいのかも、明確に考えておきましょう。

ニートやフリーターからでもITエンジニアに転職できる?

学校を卒業後に一度も正社員として就職した経験がない人、ニートやフリーターの人でも、ITエンジニアを目指すことは可能です。

その際には、ITに関する基礎知識やスキルを身につけるための学習や資格取得、インターンシップや業務委託などの経験を積んでおくのもよいでしょう。

ニート・フリーターからの転職に強みを持つ転職エージェントなどのカウンセリングサービスを利用して、自分の強みや今後の理想の働き方を整理し、自身のキャリアプランや転職活動の計画をまとめてみるのもおすすめです。

まとめ

IT市場が伸びている中、ITエンジニアのニーズはますます大きなものとなっています。

年齢が若ければ若いほど未経験からでもさまざまな仕事に挑戦できるチャンスを掴みやすいので、転職を考えている人はできるだけ早めに動くことをおすすめします。

また、未経験からの転職では、自分の強みや適性、ITエンジニアとしてこれから何をしたいかなどを明確に伝えることが大事です。

ぜひ転職サービスを積極的に活用し、プロのアドバイスを受けながら、スムーズに転職活動を進めていってください。

おすすめ転職サイト紹介(PR)
マイナビITエージェント ・IT・Web業界専門の転職エージェント
・利用者満足度96%!無期限のサポートが充実
・経験者向け高待遇の求人も見つけられる
Geekley ・IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェント
・2万件以上の求人、大手企業など非公開求人数2000社以上
・20代~50代まで幅広い年齢層におすすめ
DODA ・日本全国の多彩なITエンジニア求人を取り扱う
・ITエンジニア専任のキャリアアドバイザー付き
・オンラインのキャリアカウンセリングにも対応
type IT派遣 ・IT・Web業界での派遣求人に特化した人材サービス
・個々の細かな希望に合う求人を紹介
・福利厚生・スキルアップ支援なども充実
ハタラクティブ ・第二新卒、20代の転職を専門に支援
・完全未経験から希望業界での正社員転職を目指せる
・アドバイザーが転職活動の進め方を丁寧にサポート
リクルートエージェント ・転職支援実績No.1の大手転職エージェント
・年齢・地域・職種問わず多彩な求人取り扱いあり
・業界別の専門アドバイザーによるサポート