女性のイラストレーターのキャリアパス・結婚後の生活

女性のイラストレーターの現状

女性のイラストレーターは数多く活躍しています。

イラストレーターとして働く上で、仕事内容に男性と女性で違いを感じることもほとんどありません。

男性で女性のようなイラストを描くイラストレーターもいれば、女性で男性のようなイラストを描くイラストレーターもいます。

性別がタッチに出てくることはそれほどないため、男性のようなペンネームで活動をする女性イラストレーターや、その逆、また性別を公表していないイラストレーターも少なくありません。

女性のイラストレーターの強み・弱み

女性イラストレーターの強みとして、出産や育児などの経験を通じて表現力がより深まることがあげられます。

イラストレーターは、自身の経験したことや感じたことすべてが糧になる仕事です。

実際に自分の子どもを産んで育てていくなかで、子どもの注目を集めるイラストや、子どもの本質をうまく表現したイラストが描けるようになることもあります。

結婚や出産を機に、自分の体験や子どもの成長をイラストにして発表したり、絵本の挿絵を手掛けたりなど、新たな活動の場を広げる女性イラストレーターも多くいます。

イラストレーターの結婚後の働き方・雇用形態

イラストレーターは多くの人がフリーランスのため、結婚したからと言って仕事を辞める人はほとんどいないのが現状です。

仕事量やスケジュールを調整しながら結婚後も働く女性イラストレーターは多くいます。

イラストレーターは完全在宅でも仕事ができるため、たとえ夫の転勤に帯同したり引っ越しをしたりしても仕事を続けられます。

イラストレーターは結婚して主婦となった人にとっても、続けやすい仕事と言えるでしょう。

イラストレーターは子育てしながら働ける?

イラストレーターは実績やスキルさえあれば、フリーランスとして在宅で問題なくできる仕事です。

そのため、妊娠や出産を経ても仕事を続けている女性イラストレーターは多くいます。

もちろん育児中は家庭に多くの時間を割かなくてはならないため、仕事量の制限やスケジュールを調整することは必要になりますが、無理のない範囲で仕事を続けていくことは十分可能です。

子育てだけでなく、介護や家族の病気などさまざまな問題を抱えていても、家に居ながらにして仕事ができるイラストレーターは女性にとっては働きやすい職業と言えます。

また、女性ならではの妊娠・出産・育児といったライフイベントを経験することで表現力を深め、新しい分野のイラストや仕事にチャレンジすることも可能です。

イラストレーターは一生働ける仕事?

イラストレーターは実力さえあれば、女性でも男性とまったく同等にチャンスを掴み取ることができ、長く仕事をすることができます。

女性だけでなく男性イラストレーターにとっても、イラストの仕事は一生続けて生ける仕事と言えるでしょう。

ただし、いつまでも多くの人から支持されるイラストを描き続けるためには、常にトレンドや流行・時代の波を感じ取り、イラストのセンスや画力だけではなく、クライアントの意図を理解する力、すぐれたコミュニケーション能力も持ち合わせていなくてはなりません。

イラストレーターとして長く働きたいという人は、日々の努力を怠らず、いくつになっても勉強をして新しいイラストを描き続けていくという向上心が必要とされます。