保育士の求人・就職状況・就職先選びのポイント

保育士の就職先にはどんなところがある?

保育士の就職先として、最も代表的といえるのが保育園です。

保育園では、おもに0歳~6歳までの子どもを預かり、保護者に代わって保育をおこないます。

他の保育士と協力して、親御さんともコミュニケーションをとりながら、たくさんの子どものお世話や遊びに携わることになります。

また、保育園以外にも保育士の勤務先はいろいろとあります。

たとえば、病院や障害児施設・児童養護施設といった児童福祉施設、商業施設の中にある保育所や託児所でも、保育士のニーズがあります。

また、最近増えているのが企業内保育所といって、企業で働く親御さんの子どもを預かる保育施設です。

ここで挙げたような保育施設は全国各地にあるため、場所を問わずに働きやすいのが保育士の特徴です。

保育士の勤務先と仕事内容の違い

保育士の求人の状況

「就職難」といわれることも多い現代ですが、保育士の需要は高まっています。

実際、保育士の求人を集めたインターネットサイトをのぞいてみると、各地で数多くの保育士の求人があることがわかります。

このような背景には、保育に対する世の中のニーズが高まってきたことが挙げられます。

「結婚・出産後は家庭に入る」という価値観は決して一般的なものではなくなり、女性が結婚・出産後も仕事をすることはもはや当たり前になっている時代です。

さらに、都心部を中心に夜遅くまで働く人も増えています。

こうしたなか、最近では夜間保育・延長保育などを行う保育園が多くなっており、これまで以上にたくさんの保育士が求められています。

一方、公立の保育園の場合はさほど心配ありませんが、私立の保育園でパート・アルバイトとして雇用されている場合、少子化問題のために今後は雇用が厳しくなっていくだろうという見解もあります。

これから保育士を目指していく人は、今後の状況をよく確認しながら対応していく必要があるでしょう。

保育士の就職先の選び方

世の中の保育に対するニーズが多様化し、保育士の活躍の場は以前よりも広がっているといえます。

しかし、働く場所によって具体的な業務内容や求められる役割が多少異なる場合があるため、まずは自分がどのように働きたいのかを明確にするとよいでしょう。

朝、親御さんから子どもを預かり、日中に保育をして夕方以降にお見送りをする一般的な保育士のイメージ通りの仕事がしたいのであれば、やはり保育園が最も適しているかもしれません。

しかし、保育園によって保育方針は異なりますし、公立か、私立かによっても雰囲気には違いが出てきます。

一方、病院で働く保育士のように、小児科医や看護師と連携をとりながら、病気を抱える子どものケアに携わる仕事もあります。

児童福祉施設では、ときに親族や保護者のいない子どもと関わったり、障害を抱える子どもと接することもあります。

また、企業内保育所で働く保育士は、その企業の社員として働けるケースが多く、給料や福利厚生などの面も含め、より安定感のある働き方がしやすいことが多いようです。

このような、施設別の特徴をおさえたうえで、自分がどのような場所で働きたいのかを考えていくとよいでしょう。

保育士の志望動機・面接

保育士を目指す人のほとんどが、「子どもが大好きなので、子どもとたくさん関わる仕事がしたい」という思いを持っています。

保育士以外にも、子どもと関われる仕事にはさまざまなものがありますが、保育士は国家資格を持って働くことができ、活躍の場が広いということも、保育士を目指す理由としてよく挙げられます。

保育士の志望動機を考えていくうえで、「子どもが好き」という思いはもちろんですが、その気持ちを率直に、かつ具体的に伝えられるようにすることが大事です。

「どんな保育士を目指しているか」「子どもとどのように接していきたいと思っているのか」などについてしっかりと考え、自分の言葉で説明できるように準備しておきましょう。

面接では、自分の強みや個性、これまでに経験して学んだこと、これからどうなっていきたいのかなどを明確にすることと、できるだけ自分の実体験に基づく回答をすることを心がけるとよいでしょう。

保育士採用試験の志望動機と自己PR・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

保育士の就職先は、保育士専門の求人サイトや各保育園のホームページ、ハローワークなどで探すことが可能です。

自分の勤務に関する希望条件を確認しておき、その条件に合った施設があれば問い合わせてみましょう。

保育士の就職では、「条件が合っていても施設の中は思っているのと違っていた」「職場の人間関係がよくなかったなど」という失敗がよくあります。

このような失敗をしないためにも、できるかぎり志望先の情報を調べ、場合によっては足を運び、実態をしっかりと把握しておくことが大切です。

保育園によっては、見学や実習の機会が用意されていたり、積極的に説明会が開催されているところもあります。

保育士の求人は多いので、焦らずに確認しながら、自分に合った勤務先をじっくりと見つけるとよいでしょう。