グラフィックデザイナーに必要なこと、求められるもの

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーになるには、美術大学や専門学校での教育、またはアシスタントとして学びながら勤め、デザインの知識と技術を習得していることが必要です。

中でもデザインソフトのスキルとデザイン能力は必要不可欠といえるでしょう。

デザインソフトを使いこなす技術

グラフィックデザインにはIllustrator・Photoshop・InDesignといったAdobe社のアプリケーションソフトを中心に使用します。

これらのソフトをスムーズに使いこなせなければ、デザイナーとしての業務をまっとうすることはできません。

使い方の解説本なども販売されていますが、細かいコツや裏技的な使い方もあるため、学校で習ったり現役のデザイナーから習得したりするのが一般的です。

デザイン能力

どんなに繊細な感性をもち、世の中のトレンドを予測できたとしても、それを具体的に表現する方法をもたなければ、グラフィックデザイナーとしての役割は果たせません。

デザイン能力は、もともとの素養である「美的センス」、構図・配色・文字の配置などのノウハウである「デザイン理論」、いいデザインを見るなど情報収集で得られる「インスピレーション」などにより構成されています。

美的センスとインスピレーションは日ごろの心がけで伸ばせるものですが、デザイン理論は学校で学ぶのがもっとも近道だといえます。

いかに技術やデザイン能力が優れた人であっても、長年デザイナーとして業務を行っていると誰もがワンパターンに陥ったり、無難なデザインを提案したりしてしまうため、常に「人の心に響くデザインとは?」を自問し続け、研究や情報収集などスキルアップのための努力を怠らないことが大切です。

グラフィックデザイナーとして活躍し続けるために必要なこと

スキルアップのための努力

多くのグラフィックデザイナーは、「デザインのための勉強よりも、そうでない分野での知識や経験のほうが、グラフィックデザインの自分に役立っている」といいます。

モノを伝え・モノを売るためのアイデアは、自分自身の経験値と豊かなイマジネーションの中からしか生まれてこないため、グラフィックデザインに限らず幅広い知識を身に付ける必要があります。

視野を広げる

近年のメディアの多様化はめざましく、インターネットやモバイル・電子書籍などの媒体が市場を伸ばしています。

グラフィックデザイナーも紙媒体にこだわりすぎることなく、新しいメディアの知識や技術を習得して自分のフィールドを広げることも、活躍し続けるためのポイントだといえるでしょう。

人間関係・ネットワークを築く

コンピュータが発達して、たいがいの情報は簡単に入手できるようになりましたが、ほんとうに必要な情報をもっているのは、現場の人間です。

同時にさまざまなニーズや不満も、人の中から生まれています。

人を大事にし、観察し、連携を強めていくことが、グラフィックデザイナー自身の豊かな発想にもつながっていくはずです。