不動産鑑定士の勤務時間・休日

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

不動産鑑定士の勤務時間

不動産鑑定士の勤務時間は、一般的な日勤の会社員と大差ありません。

勤務先によって多少の時間差はあるものの、9:00~17:30くらいに設定されているところがほとんどであり、極端に朝が早くなったり、夜勤シフトや深夜帯の勤務などはありません。

ただし、業界全体の特徴として、調査物件のフィールドワークをこなすために、出張する機会が多いことが挙げられます。

物件の種類や規模、自宅からの距離などにもよりますが、日帰りで済む案件はどちらかというと少なく、現地に泊まり込んで朝から晩まで調査に追われる日も珍しくありません。

調査が数日間におよぶと、1週間のうち平日はほぼ家にいないことになるケースもあり得ます。

仕事には大きな社会的意義があり、また待遇面も高収入が期待できる一方、平日はほとんど仕事だけに忙殺されることが多いでしょう。

不動産鑑定士の休日

平日の業務とは対照的に、不動産鑑定士の休日はかなり安定しています。

ほとんどの勤務先では土日祝日が休日に設定されているうえ、よほどスケジュールが立て込まない限り、休日出勤や休日出張を強いられることもありません。

お盆やゴールデンウイークなどの長期休暇についても、ほぼ暦通り取得できるケースが一般的です。

不動産鑑定士は大企業に勤めるケースも多く、出産休暇や育児休暇などの制度も利用しやすいといえます。

ただし、独立開業している場合はやや事情が異なり、顧客との打ち合わせや各種会合への出席、勉強会の主宰など、営業活動のために休日でも忙しく働く人が多いようです。

不動産鑑定士の残業時間

不動産鑑定士は、フィールドワークにもかなりの仕事量がありますが、調査で持ち帰った情報を分析し、報告書に落とし込むデスクワークも、作業量としては膨大です。

さらに、物件が遠方にあることも珍しくないため、移動時間がかさみやすいという特有の事情もあります。

現地調査、事務作業、移動と、そのどれにも多くの時間を費やすことが必要なうえ、顧客との打ち合わせや、報告書の説明といった業務もあります。

このため、不動産鑑定士の残業時間は、どうしても長くなりやすい傾向です。

そのぶん休日にしっかり休めるとはいえ、ワークライフバランスに関しては、それほどほかの職業より恵まれているとはいえないかもしれません。

不動産鑑定士は忙しい?激務?

不動産鑑定士は、秋口から冬にかけての期間が繁忙期となります。

新年度に向けて、公的評価や決算評価業務の依頼が集中するうえ、クリスマスから年末年始にかけては、不動産鑑定士の代表業務ともいえる地価公示評価もあります。

不動産鑑定士は、基本的にそれぞれの物件を最初から最後まで一人で担当するため、それらの時期には一人で数百件の案件を抱えて、きわめて忙しくなることも少なくありません。

世間一般の動きとは対照的に、不動産鑑定士は大晦日やお正月も慌ただしく動き回ることが多いでしょう。

その代わり、公的評価が終わる4月頃には、ゆったりと余裕をもって働きやすくなります。

不動産鑑定士の休日の過ごし方

不動産鑑定士は、平日についてはかなり忙しく働く分、休日はゆっくりと休み、英気を養いたい考える人が多いようです。

急に職場から呼び出されたりすることはまずないため、趣味にいそしんだり、家族や友人と出かけたりと、余暇の予定も立てやすいでしょう。

閑散期には、まとまった長期の休暇を取得して、海外旅行に出かける人も少なくありません。

不動産鑑定士は、比較的オンとオフがはっきりとしており、働き方にメリハリがあるといえるでしょう。

不動産鑑定士の1日・生活スタイル