【最新】キャリアガーデン人気職業ランキング2020年

(読了時間:5分30秒)

キャリアガーデンでは、約600の職業に関する働き方や、なるための方法、仕事のやりがいなどの情報を提供しています。

また、毎年どの職業がよく検索されているのか調査を実施し、いま世の中で人気がある職業、関心を抱く人が多い職業に関する情報を集めています。

本ページでは、2020年1月~12月の年間検索人気上位ランキングを紹介するとともに、2013年から2020年までの1年ごとの調査で、検索数がとくに多かった職業のランキング推移も公表します。

前年(2019年)と大きく順位が変動している職業もありますので、ぜひ職業選びの参考にしてください。

人気職業ランキングの調査概要

キャリアガーデンのサイト内検索のキーワードを集計しました。

・調査方法:Google Analytics サイト内検索キーワード
・調査時期:2020年1月1日〜2020年12月31日
・調査数:222,835(検索クエリ数)

2020年1月〜12月の職業名検索ランキング

順位 変動 職業
1位 0
2位 2
教師
教師

3位 11
4位 6
5位 -3
公務員
公務員

6位 -1
7位 2
8位 0
9位 -6
10位 -4
順位 変動 職業
11位 10
12位 38
13位 2
14位 24
15位 84
16位 -3
17位 6
18位 -2
19位 -7
キャビンアテンダント
キャビンアテンダント

20位 22

順位 変動 職業
21位 -10
22位 10
23位 18
24位 25
25位 15
26位 19
27位 2
28位 48
29位 5
30位 -
31位 66
32位 -
33位 22
34位 1
35位 31
36位 12
37位 7
38位 -7
39位 -2
40位 -14
順位 変動 職業
41位 5
デザイナー
デザイナー

42位 -12
43位 40
44位 -25
45位 -23
46位 -21
47位 22
48位 43
49位 -2
50位 22
51位 -34
52位 -28
53位 -1
検察官
検察官

54位 -
55位 -28
56位 -2
57位 -37
58位 -25
59位 -
60位 -7
エンジニア
エンジニア

順位 変動 職業
61位 -2
62位 -34
63位 2
64位 -28
65位 -
66位 28
67位 11
68位 -6
69位 -30
70位 -
71位 -7
72位 -15
73位 -66
74位 26
75位 -5
76位 -33
77位 -
78位 -17
営業
営業

79位 -
80位 -
順位 変動 職業
81位 4
82位 5
83位 -10
84位 -
85位 -34
86位 -
87位 -5
88位 -
89位 -3
90位 -
91位 -
92位 -
93位 -
94位 -
95位 -37
96位 -
97位 -
歌い手
歌い手

98位 -
99位 -
モデル
モデル

100位 -

※管理栄養士:「栄養士」を含む
※公務員:「国家公務員」「地方公務員」を含む
※教師:「小学校教師」「中学校教師」「高校教師」含む

2020年職業名検索ランキングの動向

2020年検索人気上位ランキングの結果は、上記の表の通りです。

1位から30位は、例年上位にランクインする職業が中心でしたが、新たに「ウエディングプランナー」「声優」「ユーチューバー」などが大きく順位を上げました。

公務員系や士業系職業の安定した人気が見て取れる一方、「公認会計士」「税理士」「行政書士」のように、やや順位を下げた職業もありました。

ランキング全体で見ると、「プログラマー」「ゲームクリエイター」「Webデザイナー」のように、IT・Webに関連する職業も、前年より順位を上げたものが多いです。

職業名検索ランキングの推移

2020年検索人気ランキング推移の1位は、前年に引き続き「看護師」でした。

なお「看護師」は、調査を開始した2013年から8年間にわたり、継続して2位以上にランクインしています。

2位の「教師」は前年4位から順位を上げ、検索数も約2.6倍に増加しました。

3位の「ウエディングプランナー」は検索数が急増し、本調査で初めて上位10位以内にランクインしています。

このほか、「医師」が前年10位から4位へ上昇した一方、「管理栄養士」は前年3位から9位へ下がるなど、上位10位以内では若干の動きが見られました。

トピックス

2020年に検索数が上昇した職業

個人が活躍する職業の注目度が高まる

2020年は、「ユーチューバー」(前年99位→15位)や「プロゲーマー」(前年184位→54位)など、ここ数年で職業としての認知度が高まり、かつ、個人で活躍する人が多い職業の検索数の増加が見られました。

また「歌い手」のように、前年まではランキング外であった職業も新たに入っています。

この背景には、若者の価値観の変化や、新型コロナウイルス蔓延による社会不安、雇用情勢の変化などの影響が少なからずあるものと推察できます。

新型コロナウイルスによる影響は?

2020年の検索人気上位ランキングでは、「医師」は上昇したものの、その他の医療系・リハビリ系職業は全体的に順位が下がりました。

・作業療法士(前年19位→44位)
・診療放射線技師(前年22位→45位)
・歯科衛生士(前年24位→52位)
・臨床検査技師(前年20位→57位)
・医療事務(前年26位→55位)

また、航空業界やホテル業界では「キャビンアテンダント」や「グランドスタッフ」など前年よりも順位を下げた職業がある一方、「パイロット」や「ホテルスタッフ」など順位が上がった職業も見られました。

「臨床心理士」から「公認心理師」へ

心理系の専門職「臨床心理士」は、2019年は7位でしたが、2020年には73位まで順位を下げました。

一方、新しい心理職として2018年に初の国家試験が実施された「公認心理師」は、前年97位から31位へ大きくアップし、初めて「臨床心理士」の検索数を超えました。

両者の検索数を合わせると15位ほどになり、注目度の高い職業であることがわかります。

なお、現時点では「公認心理師」よりも、誤表記である「公認心理士」として検索されることのほうが多い状況です。

2020年の動向をまとめます。

・上位10位の職業は、若干の順位変動はあるものの、ほとんどが前年に引き続き高い順位にランクインしました。

・医療系やリハビリ系の職業は、「看護師」や「医師」など一部を除き、順位を下げたものが多く見られました。

・IT・Web系の職業や個人で活躍できる職業への関心の高まりが見られ、「ユーチューバー」や「プロゲーマー」など、数年前にはランキング外であった職業も上位に入りました。

本調査によって、人々の職業に対する興味や関心の移り変わりは、少なからずその年の時勢を反映していることが見えてきます。

キャリアガーデンでは今後も同様の調査を続け、情報公開をおこなっていきます。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント