ウエディングプランナーの一日

ウエディングプランナーは一組のカップルの結婚式当日を迎えるまでに、何度も打ち合わせや準備を重ねたりと、多くの仕事をこなしています。

しかし、一番の大仕事は挙式当日です。ここでは、結婚式前日と当日のウエディングプランナーの主な1日の流れを紹介します。

結婚式前日の1日の流れ

9:00 出社

掃除や朝礼を行います。ミーティングではスタッフ全員でスケジュールを確認し合ったり、受注件数などの報告をし合います。

11:15 お客さま対応

結婚式を控えるお客さまからの質問メールや電話に応対したり、問い合わせのあったお客さまに対して会社の資料送付やご案内を行います。

13:30 昼休憩

外でゆっくり食べるヒマがないほど忙しいときもあります。

14:30 打ち合わせ

お客さまと式当日に向けた打ち合わせを進めます。数が多い日は大変ですが、お一人ずつ親身になって対応することが大切です。

16:00 デスクワーク

式進行表の作成、司会者の選定や引き出物の手配などを行います。

17:00 翌日の結婚式の最終確認

翌日は担当するお客さまの結婚式があります。準備に漏れがないか何度も確認します。

17:30 退社

翌朝に備え、早めに退社し体調を整えます。

結婚式当日の1日の流れ

8:00 出勤

会場入りし、新郎新婦を笑顔で迎えるために心の準備を整えます。

8:45 新郎新婦会場入り

多くのカップルは緊張した面持ちで入ってくるため、リラックスしてもらうように努めます。

9:00 新郎新婦の着付け開始

新郎新婦が準備を行う間、会場での挙式準備のために各スタッフへ指示を出します。

10:30 受付スタート

受付の方へのさまざまな確認、その後に新郎新婦撮影を行います。

11:00 挙式のリハーサル開始

タイムスケジュールの微調整などを行いながら、式の開始に向けて最終確認を行います。

11:30 式開始

ウエディングプランナーも脇で立ち会います。トラブルがないか、進行通り進んでいるかを常に確認します。

12:00 全体集合写真

スムースに進むよう、列席者を誘導します。

13:00 披露宴開始

サプライズ演出やお色直しがあるため、トラブルが起こらないか気を配ります。状況を見て、料理を出すタイミングなどを指示していきます。

15:00 披露宴終了

列席者を誘導します。

新郎新婦との挨拶、片付けなどをして、式の業務は終了です。

17:00 別の式の打ち合わせ

忙しいときは、別のお客さまとの打ち合わせが入ることもあります。

20:00 勤務終了

スタッフ同士で当日の進行で問題がなかったかを確認、事務処理と翌日の準備をしたら勤務終了です。

1日の流れは案件によって異なる

今回紹介した挙式は午前でしたが、午後から行う場合もありますし、近年では夜に挙式を行う場合もあり、式場やプランもさまざまなニーズに対応しています。

式の時間に伴ってウエディングプランナーの勤務時間も変わりますが、普通、挙式自体の流れが大きく変わることはありません。

結婚式の当日はプランナーにとっても大きなイベントになるため、朝から緊張した1日を過ごすことになります。新郎新婦にとっても人生の大事な日となるため、失敗やトラブルは許されません。

最大限気を配り、式を無事成功させることができた後、どんなに疲れていたとしても新郎新婦からの「ありがとう、最高の思い出になりました」の一言がウェディングプランナーを支えます。

責任が大きな分、やり遂げたときは大きなやりがいを感じることができる仕事です。

仕事体験談