男性のウエディングプランナー

女性の割合が多い現状

ウエディングプランナーは近年、非常に人気のある仕事です。しかし、その割合としては女性がかなり多く、男性がする職業ではないというイメージが根付いているようです。

以前はホテルなどで同様の仕事を男性社員が行っていたようですが、「ウエディングプランナー」という言葉がブライダル業界で確立されていったことから、女性の割合が急増したといわれています。

しかし、「男性だから」「女性だから」といった考え方が薄れている現代、男性がウエディングプランナーになりたいと考えても何ら不思議ではありません。

ここでは、男性のウエディングプランナーの就職状況や活躍について見ていきましょう。

男性プランナーの就職状況は厳しめ

世間のイメージや、実際にウエディングプランナーの女性比率が多くなっていることから、男性プランナーの就職は厳しい面があります。

結婚式は女性が主導で準備を進めることが多いため、お客さまも女性のプランナーのほうが話しやすいということもあるようです。

そうした背景から、ウエディングプランナーは女性中心で採用すると考える企業が多く、男性プランナーの枠が狭くなっているのが現実です。

しかしながら、ブライダルの専門知識を持つ男性にニーズがないわけではなく、ウエディングプランナー専門学校や養成スクールなどで、まれに男性プランナーの求人が紹介されているようです。

プランナーとして就職を勝ち取るには

求人倍率が高いウエディングプランナーだけに、多くの女性が負けまいと高度な知識を身につけて、就職を目指しています。

男性としてプランナーを目指すのであれば、さらに一段階上の知識や人間力を身につけることが求められます。

転職を希望しているのであれば、元営業職であると有利かもしれません。企業がウェディングプランナーに期待していることの一つに「営業力」があるからです。

結婚式場は新規の顧客を取れないことには経営が成り立たないため、営業力があるのであれば高い評価を得ることができ、転職に有利になるでしょう。

まだまだ男性の割合が少ない職業ですが、結婚式のあり方は多様化が続いています。今後は男性プランナーの活躍の場も増えていくかもしれません。

仕事体験談