和裁士の現状と将来性

和裁士の現状とは

和裁士という仕事は、和服を着る人がいるからこそ成り立つ職業です。和服が普段着ではなくなってから久しい今日では、和服の仕立てやお直しの需要が増えているとは言えません。

近年、外出の際のおしゃれ着としての「和服」が見直されてきている傾向はありますが、それでも頻繁に反物から和服を仕立てるという人は多くはありません。晴れの日のために一日だけレンタル、または海外工場で分業で仕立てられた既製品を購入するというのが一般的な傾向ではないでしょうか。

そのような状況ですから、和裁士を生業とする人には厳しい情勢と言えます。需要がないのに供給だけある場合、どんな業界でも労働力の値崩れが起こりますが、和裁士もその他聞に漏れません。物価は上がっているにも関わらず、仕立て代やお直し代は30年前の基準と変わっていないと感じるベテランの和裁士もいるそうです。

また、和裁の仕事だけで十分な収入を得ることのできる人は、大きな和裁所に勤めていたり、呉服屋に強力なコネがあり常に仕事を紹介してもらえる人など、少数の人に限られています。

和裁士という職業の将来

厳しい競争の中で、仕立てが早くて丁寧な人、難しいお直しができる技術がある人といった、プラスαの付加価値がある和裁士がますます求められるようになるのではないでしょうか。

また、若者が好む斬新なデザイン(伝統的な和服にはない装飾類など)の和服を仕立てられるなど、柔軟性も必要になってくるでしょう。

付加価値という面では、和裁だけではなく着付けの資格を取り、着付け教室や出張着付けなどを副業にするなど、和服に関して出来る仕事を増やしていくことが自衛手段になるかもしれません。

インターネットは和裁士の仕事を変えるか?

受注に関してはコネと紹介がまだまだ幅を効かせる業界ですが、インターネットが重要性を増していく中で、仕事の受発注にも変化が出てくる可能性があります。具体的には、オンラインにショップを開くという考え方です。

反物からの新品の仕立ての場合は呉服屋や仲介が絡むので難しいかもしれませんが、お直しやリメイクであれば、個人開業の和裁士でも十分にインターネット上で顧客を掴むことができるでしょう。

和裁の仕事だけではないさまざまな分野への挑戦と知識が、この先和裁士として生計を立てていくには必要になってくるのかもしれません。