和裁士に向いている人、適性

どんな職業にも適性がありますが、和裁士のように専門性が高い職業になると、向き不向きがはっきり分かれるようです。では、どんな人が和裁士に向いているのでしょうか?

長時間の細かい作業が苦にならない

和裁士の仕事は長時間の細かい作業の連続です。反物の不備を隈なくチェックする検反に始まり、衿や袖ぐりなどパーツごとの柄を合わせる柄合わせ、さらに縫製に入ると、ひたすら細かい目で生地を縫い合わせていく作業です。これを毎日、何年も繰り返すのが和裁士の仕事です。

細かい作業にすぐに飽きてしまう人や、手先が不器用な人には向いていない職業と言えるでしょう。

長時間のひとりの作業が苦にならない

個人開業で和裁士をしている人は特に、長時間誰とも話さず、ひとりで黙々と手を動かす時間が続きます。もちろん気分転換の時間をとることはあるでしょうが、作業のスピードがダイレクトに収入に直結するため、ある程度集中して作業を進める必要があります。

「人付き合いが苦手だから」という理由で和裁士になる人も多いといいます。会社勤めであれば短所になりかねない理由ですが、人と関わることが少ない和裁士という職業においては、むしろ長所と言えるかもしれません。

責任感がある

依頼人から預かった商品である反物を和服に仕上げるわけですから、失敗は許されません。また寸法直しなどのお直しの依頼についても、依頼人の思い入れのある和服を扱うため、いい加減な仕事はできません。

こうしたプレッシャーがありながらも、納期やデザインといった依頼人の希望に応えるべく、責任感を持って仕事ができる人が、和裁士に向いているでしょう。

収入よりやりがいを優先できる

和裁技能士は国家資格であるにも関わらず、収入は低い傾向にあります。和裁技能士1級を取得し、和裁所に正社員として勤めても、月額12万円から18万円が相場というデータもあります。(参照:衣装研究会 http://u111u.info/mFgS)

個人で開業している人は、仕事が早ければそれなりに稼ぐことができると思われがちですが、常に依頼があるわけではなく、季節によって依頼内容が変わるため、安定して高収入を稼ぐのは難しい環境にあるのが現状です。

こうした好条件とは言えない収入でも、「それでも和裁の仕事が好きだから」という心構えで仕事ができる人が、長く和裁士を続けられる人と言えるでしょう。