和裁士になるには

和裁士になるには、いくつかの道があります。どのような技術習得方法があるのか、見ていきましょう。

大学や専門学校の和裁コースで学ぶ

一般的なのが、和裁を学べる大学や専門学校のコースに入学する方法です。和裁士を育てる大学や専門学校のコースは全国各地にあり、多くは4年間から5年間で和裁技術を習得します。

大学や専門学校に通う利点は、和裁のいろはから体系立てて学べるため、資格試験対策がしやすい点です。国家資格である和裁技能士は3級から1級までがあり、1級を持っていると就職や開業に有利になる傾向があります。

また、大学や専門学校時代に講師や就職支援室などを通じて、将来のクライアントとなる可能性のある呉服店やレンタル衣装会社などとパイプを作ることができるかもしれません。そのパイプを通じて、個人開業の和裁士として依頼を得ることができる可能性があります。

和裁所に入社する

反物から和服を仕立てる行程を、和裁所と呼ばれる和裁士が所属する会社に依頼している呉服店は少なくありません。和裁所では基本的に社員として月給制で働くことになります。

和裁所に入社するのに和裁技能士資格がいるかというと、そういうわけでもないようです。というのも、多くの和裁所には見習い制度があり、この間給与は低いものの、商品を教材として学ぶことができます。見習い期間を無事終了すると、正社員登用の道が開けます。

もちろん専門学校で資格を取得し、すぐに和裁所で正社員として働く人もいます。

個人教室で学ぶ

和裁士として和服を仕立てるかたわら、和裁を教える個人教室を開業している和裁士もいます。こうした和裁士に師事し、和裁技術を学ぶこともできます。

個人教室の利点は費用が比較的安く、スケジュールを選べるため気軽に始めやすいところです。しかしその反面レベルの違う他の生徒さんたちと一緒に受講するため先生の注意を引くのが難しい、レッスン時間が短いためなかなかステップアップしない、などのマイナス面もあります。

本気でプロを目指すというよりも、趣味として和裁を始めたい人に向いている方法かもしれません。

通信教育で学ぶ

大学や専門学校によっては、通信教育講座を開設しているところもあります。本業があり、学校に通う時間が取れない人には便利な学習方法と言えるでしょう。

しかし通信教育講座は全体的な数が少ない上に、先生の手際や技術を目の当たりにすることができない、自分の作品をチェックしてもらう機会が少ないなどのデメリットがあります。そのため、短期間でプロの和裁士を目指したい人には、あまり向かない学習方法かもしれません。

このように何通りかの道がありますが、自分の現状と目的に合った学習方法を選びたいところです。