和裁士の1日

和裁士の1日のスケジュールは、専業か兼業か、会社勤めか自営業か、などでさまざまに変わってきます。また、依頼内容によってもスケジュールは大きく違います。ここでは、自宅開業をしている専業の人が訪問着の反物からの仕立てを依頼されたと仮定して、1日の仕事の流れを見ていきましょう。

和裁士の1日のスケジュール

9:00 仕事開始

まずは依頼人から預かった反物の検品をしていきます。(検反)これを怠ると、後でシミや傷が見つかった場合、仕立てた和裁士のせいにされかねないため、重要な作業です。

9:30 見積もり

依頼人のサイズに合わせた訪問着を仕立てるために反物が足りるか、身頃、袖、衿などの部分に必要な生地の量を、実際の反物と照らし合わせて確認します。

10:00 柄合わせ

身頃や袖、襟元などの柄が連続するよう、一枚の反物のどの部分をどこに使うかを計画する行程です。縫い代についても考えながら計画するため、とても複雑で神経を使う行程です。計画が立ったら、裁断のための目印を付けていきます。従って、時間もそれ相応にかかります。

12:00 休憩・昼食

神経を使う柄合わせの行程が終わり、一息つきます。柄合わせの後は裁断という、さらに慎重さが求められる行程に入るため、英気を養います。

13:00 裁断

裁断の行程に一番気を使う、という和裁士も多いようです。というのも、依頼人から預かった反物を間違った場所で裁断してしまうと、取り返しが付かないためです。

柄合わせに狂いはないか、注意深く確認しながら裁断していきます。

14:30 休憩

集中力を要する裁断の後には、小休憩を挟みます。

15:00 印つけ

ヘラ付けとも呼ばれます。裁断した布の縫い合わせる部分に印をつけていきます。

16:00 縫製開始

いよいよ縫製開始です。すべてを手縫いで仕上げると想定すると、専業の経験年数が長い人で、縫製には2日から3日ほど時間がかかるそうです。

20:00 仕事終了

自営業の和裁士の場合、1日10時間から12時間ほど働く人も少なくないそうです。どれだけ短期間で1枚を仕上げられるかが、収入にダイレクトに影響するからです。

ルーティンを着実にこなすことが大事

和裁士の仕事は、個人で黙々と仕事をこなしていく、地味とも言える仕事です。印つけまでは神経を使う行程ですが、縫製の段階になれば、あとはどれだけ早く手を動かせるかが勝負になるので、ひたすら針を動かしていきます。