通訳に向いている人、適性

語学が好き

当然通訳の仕事は語学が堪能でなければいけません。他の国の言葉を覚えたり、文化を知ることが苦に感じる方は通訳には向かないでしょう。

「何となく好き」というレベルでは厳しいかもしれません。通訳は完全にネイティブの言葉を聞き分けて、正しく聞き手に伝達しなければなりません。そのため、一般以上の高いレベルでの語学力が求められます。

一年中語学の勉強をすることを、楽しいと感じる人であれば、通訳になれる資質があるといえるでしょう。

人と接することが大好き

通訳は人と人を繋ぐ仕事です。人見知りであったり、対人関係でストレスを感じてしまうような人にとって通訳という仕事は難しいかもしれません。

さらに機転が利くといわれる方も向いているでしょう。その場で相手が喋った内容を即座にまとめて話さなくてはなりませんし、仕事で直前で急な変更にも対応できるようでないといけないためです。

集中力がある

通訳は二つの言語を同時に操る必要があります。これは非常に集中力がいる作業です。

話の流れを理解し、ニュアンスを間違えずに正確に伝えるためには、高い集中力が求められます。

人付き合いが上手

通訳の世界は人脈が重要です。それだけに、人付き合いが得意であることは、通訳の仕事をする上で強みとなります。

また、通訳の仕事は、日本人以外の方との仕事が主になります。当然、国も違えば文化も違います。時には文化の違いからストレスを感じることもあるでしょう。

しかし、その度くよくよして辞めたくなるようではこの仕事は続けていけません。精神的にもタフな人でないと厳しいかもしれません。

通訳になるためには、かなりの勉強が必要です。さまざまな適性を紹介しましたが、どんなにつらくても夢を叶える、という情熱を持ち続けることが一番重要ではないでしょうか。