小説家の仕事内容

仕事内容 小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなどのジャンルがあり、ほとんどの小説家は1つのジャンルの小説しか書きません。 書籍や雑誌だけでは … 続きを読む

小説家の1日

小説を書いているだけではない 「小説家の仕事は?」と聞かれたら、「そんなの決まってるよ。小説を書くことだよ」と答えますよね。確かに正解です。 しかし、小説家は小説だけを書いているわけではありません。もちろんそういう人もい … 続きを読む

小説家と脚本家の違い

昔、中世の頃は小説家と脚本家のくくりもありませんでした。まだ小説家というのが職業として一般に認められてなく、脚本家(当時は戯曲家)が小説を書く場合もあり、その逆の=も然りでした。 近年も似たような形が見受けられます。小説 … 続きを読む

小説家と編集者の関係

協力して本をつくる 小説家には出版社の社員が担当として一人付きます。いわゆる編集者とも呼ばれる担当でもありますが、本来は連携して良い本を出すために協力し合う関係となります。小説を書く際には、リアリティを出すために情報の詳 … 続きを読む

小説家の現状と将来性

小説を発表できる場は広がっている 小説家という職業は、おもに小説を出版し、書籍を売り上げることによって収入を得ています。 しかし、基本的に小説を出すためには文学賞で入賞する必要があり、多くの小説家志望者がそこを目指して日 … 続きを読む