心理学者の仕事内容

心理学の専門家

心理学者とは、心理学を専門とする研究者全般を指す呼称です。

心理学者の活躍の場は大学を始め、研究所などの専門機関の他、病院などの医療機関の場合もあります。

最近では民間企業や公的機関にも「心理職」が設けられ、心理学者を常駐させるところが増えてきています。

教員としての役割も

大学の心理学部や国立研究所などに勤務して、研究をしている心理学者は学生に講義をおこなうなど、教員としての立場が強いといえます。

心理学は非常に幅の広い学問分野です。そのため、学生に対する指導の内容と自身の研究内容が離れてしまう場合も出てきます。その際の授業準備も心理学者の重要な仕事の一つです。

講義の他、ゼミ等の演習授業でより濃密に学生と関わる機会も多くあります。

また、大学院では研究者を養成する立場に当たるため、より細やかな指導が求められます。

自分の研究はそういった激務の合間に行うため、教員を務める心理学者の日常は多忙を極めます。

カウンセラーとして現場に出向く

病院などの医療機関に勤めている心理学者は、臨床心理士、心理カウンセラーであることもありますし、精神科医の中にも心理学の研究を進めている人が多数います。

臨床心理士の仕事

実際に心に問題を抱えた人に対し、心理学の知識や技術を用いてアプローチしていき、症状の改善を目指します。

中にはスクールカウンセラーとして各種学校に配置され、思春期の多感な子供たちの助けになる立場の人もいます。

これらの心理学者は研究よりも実際の現場での勤務が大きな比重を占めているといえます。

解説者やコメンテーターとしての需要

心理学者は要請があればテレビやラジオなどのメディアに解説者やコメンテーターとして出演することもあります。

特に犯罪心理学や教育心理学を専門としている場合、現代社会をとりまく時事問題の解析を求められる機会が多いといえるでしょう。

「心理職」としての業務

心理学とは全く関係のない民間企業や公的機関の「心理職」についている心理学者は自身の研究以外にも組織から必要とされている業務を優先させなければなりません。

業務内容は勤務先によってまちまちであるため、一概には言えませんが心理学のプロフェッショナルとして組織における諸問題やあらゆる企画に専門的な意見を述べることが求められています。

研究の成果を著作にまとめる

心理学に限らず、研究に携わる人は皆、自身の成果を論文にまとめていきます。

地道な実験や調査を何度も繰り返し、失敗を重ねた末に完成した論文を国内外で行われる学会の場で発表することを目指します。

ここでの評価で大学教員の場合、職階が上がったりもします。

そしてある程度、研究がまとまってきたら著作にまとめることを視野に入れている心理学者がほとんどです。

このように、心理学者は文筆家としての要素もある職業であるといえるでしょう。