新聞記者の勤務時間・休日

新聞記者は政治部、社会部、経済部のような取材記者と、校閲・紙面整理の内勤記者の大きく二通りに分けられます。

取材記者

取材記者の場合、朝の出勤は、自宅から直接取材先に向かうことが多いようです。政治部の場合、朝駆けと称して、政治家の自宅に直接訪問します。朝の早い政治家の場合、家を出る前に訪問しなければなりませんので、朝の5時、6時といったように、相当早い時間に訪問しなければなりません。

訪問は新聞社の車が用意されます。前日に、デスク(部次長)、部長を通じて、取材先と取材内容を報告し、車を用意してもらう時刻をセットします。取材は一ヵ所もあれば数ヵ所を回ることもあります。

社会部記者の場合も同様です。刑事、検察官などの自宅を直接訪問することになります。

経済部記者も、大きな経済事案や、継続案件がある場合には、当事者である会社社長や大株主、金融機関のトップを直接訪問します。そうした案件がない場合は、経済関係の記者クラブに直接出勤します。

朝は、大体9時~10時頃となります。記者クラブは、経済産業省や国土交通省などの経済官庁のほか、日本経団連や日本商工会議所、鉄鋼、エネルギーなどの業界記者クラブがあります。

記者クラブへの出勤も、自宅から、直接出向くことになります。早朝の記者会見や記者発表などがある場合は、午前7時、8時に記者クラブに出向くこともあります。

夜もまた、取材の延長で、昼間の忙しい時間帯には聞けなかった重要な情報を聞くために取材を行います。会社社長などは、社長室で、勤務の後に、記者の訪問を受けることもありますが、多くは帰宅後に記者の取材を受けます。

そのため、記者は夜回りと称して、午後10時~12時の間に、複数の社長や関係者の自宅を訪問します。そのため、取材を終えて帰宅するのは午前様になることもしばしばです。

内勤記者

内勤記者の場合は、一定の勤務時間帯が決まっており、残業といっても、2時間~3時間程度で、それほど長時間ではありません。

休日

新聞記者の休日は、最近では、週休二日制が多いようですが、新聞は休刊日以外は発行されますので、取材記者、内勤記者ともに、交代で休みをとります。

そのため、必ずしも土曜、日曜日に全員休みを取れるというわけではありません。また、大きな事件が発生した場合は、休日返上で、勤務につかなければなりません。休日は各自それぞれ趣味やスポーツ、読書などで過ごします。