車掌の仕事内容

乗客の命を預かる責任ある仕事

オーケストラなどの「指揮者」を表す“conductor”という英単語。実は、この言葉には「車掌」という意味もあるように、まさに「列車を導く存在」といえるのが車掌です。

ひとたび列車が走りだせば、大勢の乗客の命は車掌や運転士が預かることになるため、安全に目的地まで運ぶことが何より大切になります。

そのような大きな責任のある車掌には、下記のような業務があります。
<ホームでのドアの開け閉め>
乗客の乗り降りを確認し、ドアの開閉を行います。

<電車出発・到着時の確認>
運転士への停車合図、発車時の安全確認を行います。危険を察知したときは非常ブレーキで電車を停止させることもあります。

<車内放送>
停車駅案内や乗客へのアナウンスを行います。タイミングが大事なため、どこで放送を流すか景色などで判断します。

<空調の調整>
気温や乗客数などを考慮して、社内の空調を調整します。

<社内トラブルの対応>
急病人や社内での揉め事などに対応をします。

<車内改札>
新幹線などの長距離列車や、改札に駅員がいない地方の路線では、車掌が車内で切符の確認をします。

<事故の時の対応>
不測の事態により、電車が線路で停止せざるを得ない状況になってしまったときに、運転士と協力し、乗客を誘導します。

「安全・正確・快適」を追求する

ダイヤ通りに正確に電車を運行させることも車掌の大切な仕事です。

ラッシュ時など多くの人が利用する時間帯や駅では、お客さまがスムーズに乗り降りできるように案内を行ったり、ドアに挟まれる人や電車に接触する人がいないか気を配ったりするなど、注意深くチェックします。

急病人の対応や、何か困っている人がいたときの対応も大切です。車内でのトラブル発生時は、車掌の判断力と行動力が求められる瞬間です。お客さまに安心して、快適に過ごしていただくことも考えなければなりません。

このように、車掌の仕事は多岐に渡るものの、安全輸送とサービスの両面から列車を運行させています。

なお、車掌は基本的に運転士とペアになって勤務しますが、長距離列車などでは同じ車両に複数の車掌が同乗するケースもあります。