料理研究家に向いている人、適性

優れた味覚や嗅覚をもつ人

料理の仕事をする上で大切なことは何でしょうか。

それは、おいしいものを食べたときに漠然と「おいしいなあ」と思うだけではなく、なぜおいしいのかを分析することができる能力です。

たとえば、有名レストランでとてもおいしいカレーを食べたとき。どんなスパイスを使っているのか、食材は何を使っているのか、どんな作り方をしているのか。

知りたいと思ったところで、企業秘密であるレシピを簡単に教えてくれる料理人は少ないでしょう。

一つひとつ自分の舌や鼻で確かめながら想像力を膨らませて、こういうスパイスを使っているんだろう…こういう煮込み方をしたんだろう…と考えながら学んでいくしかないのです。

これは、優れた「味覚」や「嗅覚」を持っている人ほど有利です。

とにかく味の違いがわかる舌を持っていること、匂いを細かくかぎ分けられる鼻を持っていることは、料理を生業にする人にとって大きな武器となるでしょう。

食べることが大好きな人

料理研究家の仕事は「おいしい料理を作り出すこと」です。

おいしい料理を作るために欠かせないのは、やはり自分自身もおいしい料理が好きであることです。

試行錯誤しながら新たなレシピを作り出すということは、何度も何度も試食をするということ。一日のうちに、朝から晩まで同じメニューを何回も食べることもあります。

そのことを楽しめる性質であることが何よりも大事ですし、毎回ちゃんと味わって食べて「このレシピはここがダメだ」「もっとおいしくなるはず」と的確に判断できることが大切です。

食べることへの情熱や執念がなければ、とても続けていくことはできないでしょう。

おいしい料理にたどりつくためなら何でもがんばれる、新しいレシピを考えるのが何よりも楽しい!という人にとって、大きなやりがいを感じられる仕事です。

探究心や知的好奇心がある人

料理研究家は、その名の通り「研究家」ですから、研究が好きな人でないと務まりません。

「調理科学」という分野があることからもわかるように、料理というのは科学を基盤にして成り立っています。

どんな食材を使うはもちろんのこと、どれくらいの火加減でどれくらいの時間加熱をするのかという条件によって結果が大きく変わるため、最適なレシピを作るためには何度も何度も条件を変えて実験をし続けることが大切です。

実験好き、研究好き、理論好きな人のほうが、向いている仕事といえるでしょう。