理容師のやりがい (体験談)

世の中にはたくさんの職業があり、それぞれに魅力があると思います。好きな仕事に出会い、好きな仕事を手にできた人は、それだけでも幸せといえるかもしれません。

さて、当然、みなさんも理容師の仕事に魅力を感じているからこそ、進路をその道に決めようとしているのだと思いますが、具体的に理容師の魅力とはどんな点にあるのでしょうか。

技術がすべて

理容師の仕事の魅力として一番にいえることは、「理容師は自分の技術がすべて」というところではないでしょうか。「腕一本で稼げる職業」ともいえるでしょう。

技術を磨いて自分のレベルアップを果たしていく限り、自分の力で道を切り開いていくことができます。

一般的にイメージされるサラリーマンのように、タテ社会に属して、人間関係に悩まされるようなことも少ないといえます。

どこでも働ける

この仕事の次の魅力は、クリエイティブでグローバルな職業であることです。理容の技術は世界共通であり、基本的な道具さえあれば、極端な話、どこの国に行っても立派なサービスを提供することができます。

しかも努力さえあれば、ヘアコンテストなどの国内大会・世界大会に出て、自分で創作したニューモードを発表できる機会にも恵まれます。

どれだけの夢を持って活躍していくかは、自分自身で決めることができます。

働き方を選べる

さらに、理容師は自分の理想とする生き方や考え方に合わせて、理容師としてのスタイルを選ぶことが可能です。

たとえば、国家資格を取得してから師事したヘアサロンに長年勤めてオーナーの右腕となるのもいいでしょうし、複数の店を点々として多様な価値観に触れたり、家族の店を継ぐという人もたくさんいます。

もちろん、独立して自分で店を出したり海外移住をしたりなど、大きな夢を追うのも本人次第です。

定年がない

最後になりますが、定年のない職業であるということを、理容師のもうひとつのやりがいとして挙げておきます。

健康と体力維持に努めていけば、自分で仕事を辞めようと思わない限りいくつになっても継続していけます。

はじめの一歩を踏み出してからしばらくの間は、基本的なスキルの習得と上達に集中すべきですが、自分が決めた階段を一段ずつ踏みしめ、「こういう理容師になりたい」という目標に近づいていってください。