女性のパン職人

女性のパン職人を目指す人もたくさん

近年では多くの女性パン職人が活躍しています。

街のパン屋さんや百貨店、レストラン等の厨房などで、女性のスタッフを多く見掛けるのではないでしょうか?

おしゃれで華やかなイメージも大きいパン職人ですが、実際にプロとして働くにあたっては決して見た目ほどラクな仕事ではありません。

また、朝は早く、一日の仕事を終えるまで長い時間お店で働きますので、プライベートな時間はおのずと短くなります。

パン好き女性ならではの視点

パン屋さんに入り、女性スタッフの優しく親しみやすい笑顔に出迎えられると、入ってきたお客さんはホッとします。

女性パン職人がいる店は「なんとなく安心感があり入りやすい」と感じることも多いでしょう。

華やかなディスプレイ、目を引くかわいらしいPOPや見やすいプライスカード、繊細な気配りなど、柔軟なサービスや対応力が存分に活かせるのも女性のパン職人ならでは。

トレンドにも敏感なので、シーズン商品や流行の新スイーツについても先取りすることが得意です。

年齢問わずパン好きとして知られる女性。職場に向かう途中や買い物中に立ち寄ってくれる女性の方々が「朝や昼どんなパンを求めているか」も同性の視点で敏感に察することができるでしょう。

チームワークにかかせない存在にも

清潔さが第一の飲食店では、働く際のスタイルとしてはやはり身だしなみが第一で、さわやかな清潔感が求められます。

お客さんはスタッフの姿勢や身なりもよく見ていますので、短く整えられた爪やきちんとまとめられたヘア、控えめなメイク、清潔なユニフォームなど、好印象を与える雰囲気を心掛けたいものです。

パン職人は重労働で体力勝負なところがあります。女性とはいえ、働く環境はどのスタッフも同じですので、毎日元気で働き続けられるように、きっちりとした自己管理が求められます。

パートとして働く道も

女性のパン職人は、例えば結婚や出産などに伴って生活スタイルが変化することで、フルタイムでの就労が難しくなり離職するケースもあります。

職場によっては、正社員ではなくパートさんとして、労働可能な時間帯や曜日にて引き続き働くことも可能となっています。

育児をしながら仕事を続けたい女性も多く、ママさん歓迎のパート募集をしているお店や会社も多くあります。