音楽プロデューサーになるには

音楽プロデューサーになるための条件

音楽プロデューサーは音楽業界において経験を積み、充分なセンスと実力を備えた人だけが到達できる職種です。

求人記事を見ても学歴や資格は不問であるのに対して、音楽業界でのアシスタントディレクター、ディレクター、アシスタントプロデューサーなどの経験を必須条件に挙げている企業がほとんどです。

音楽業界の会社に就職してキャリアを積む

音楽プロデューサーになるための王道は、音楽系の大学や専門学校を卒業後、音楽業界の会社へ就職し、キャリアアップしていくパターンです。

近年は大手のレコード会社でも学歴の条件を大卒に絞らず、優れた人材を幅広く募集することが多くなりました。

しかし、2年間以上の専門の音楽教育を受けている人材の方が、やる気や知識の面でも評価が高いため、やはり学校は出ておいた方がいいといえるでしょう。

新卒で採用される可能性がある職種は、レコード会社ならアシスタントディレクター、音楽出版社なら編集アシスタントやアシスタントデザイナー、アーティストが所属するプロダクションならマネージャーや営業職など。

そこからディレクターやレコーディングエンジニア、アシスタントプロデューサーなどに昇格し、さらにキャリアを積んで、ようやく音楽プロデューサーに挑戦できるようになります。

演者や音楽クリエイターから転身する

ひと昔前まではレコード会社が主導権を握り、企画からアーティストの発掘、プロデュースまで手がけることが多かったものですが、現在ではアーティストの個性や音楽性がもっとも尊重されるように変わってきました。

こうした流れから、有名アーティストやミュージシャンが自らプロデューサーを兼ねて活躍することも増えています。

また、作詞家や作曲家などの音楽クリエイターからプロデューサーへ転身する人もいます。

音楽業界で有名になった人だけが叶えられる転身ですが、音楽プロデューサーになるにはこうした道もあるのです。