航空管制官の仕事内容

「空の交通整理」をする仕事

航空管制官は、航空機が安全に離着陸し、他の飛行機にぶつからずに空を飛べるように指示や情報をパイロットに伝える仕事です。国土交通相に所属する国家公務員となります。

上空にはたくさんの飛行機が同じ時簡に飛んでいるため、万が一ぶつかるようなことがあったら大変な事故につながってしまいます。

ですから、航空管制官がパイロットにいろいろな指示や許可を出して、きちんとフライトができるようにするのです。それはいわば「空の交通整理」。パイロットが操縦する航空機は、航空管制官の指示なしには飛べないのです。

航空管制官の勤務場所

航空管制官の職場は、札幌・東京・福岡・那覇にある「航空交通管制部」と全国各地の「空港」になります。「航空交通管制部」では、おもに日本の空域に出入りする航空機の管制を行い、各地の「空港」では、それぞれが管轄する空域内にいる航空機の管制をします。

そして、「航空交通管制部」と「空港」の航空管制官は、普段から連携をとりながら業務にあたっています。なお、国家公務員となるため、日本各地に転勤があります。

空港での管制業務

空港での管制業務は大きく分けてふたつの業務があります。ひとつは「ターミナル・レーダー管制業務」、もうひとつは「飛行場管制業務」です。

空港周辺を飛行中の航空機に対して、レーダー画面を見ながら指示を出します。誘導、離着陸の際の進入角度、高度、コースなどを無線で伝えます。レーダー室で行う業務です。

<ターミナル・レーダー管制業務>
まず「ターミナル・レーダー管制業務」ですが、こちらは「レーダールーム」と呼ばれる部屋でレーダー画面を見ながら、航空機の飛行状況を確認したり、パイロットに高度やスピードの指示を出す仕事です。

航空管制官はレーダーや無線を用いて刻々と変わる状況を把握し、事故が起こらないように細心の注意を払って指示を与えなければいけません。

また、滑走路近くの空域が航空機で混雑していた場合、どの順番で着陸させるかを判断するのも大切な役目であり、離着陸の際の誘導や進入角度の指示なども行います。

<飛行場管制業務>
「飛行場管制業務」は、管制塔の上部にある「タワー」と呼ばれる部屋で、空港周辺の管制を行う仕事です。タワーは360度ぐるりと見渡せるようになっており、空域内にいる航空機を自分の目で見て確認するのです。

同時にここにもレーダーがあり、航空機に離着陸の許可を出したり、空港内の地上走行の指示を出したりと、役割を分担して業務にあたっています。

航空管制官の一日

■早番、レーダールーム勤務の場合(例)

7:00 出勤

7:30 打ち合わせ

8:00 管制業務
集中力を保つため、30分ごとにパイロットに指示を出すレーダー席と、他の管制機関などと連絡をとりあう調整席で交代をします。1時間ごとの休憩もあり。

12:00 昼食

12:45 管制業務

15:30 反省会

16:00 帰宅

一週間のスケジュール

航空管制官は複数人でひとつのチームを作り、管制業務にあたるのが一般的です。勤務地によっては24時間体制での業務となるため、早番・遅番・夜勤といったシフト制で働きます。

一週間で考えると、5日勤務して1日休みが基本となるようです。最初の3日間は早番か遅番、4日目に夜勤、5日目は夜勤明け、翌日が休みといった形です。

夜勤の日数は職場によっても変わりますが、月に3回程度のことが多いようです。ときには連休も取れるようです。