考古学者と学芸員の違い

考古学者と学芸員の特徴

考古学者とは、遺跡や遺物の発掘・調査などを通じ、人類の活動の歴史や文化を研究する人のことをいいます。

正確にいうと、考古学者そのものは職業名ではありません。

私たちが一般的に「考古学者」と呼んでいる人たちは、大学教授や教育委員会の文化財保護課勤務など、考古学の専門知識を生かせる職業に就きながら、考古学に関連する活動をする人のことを指すことが多いです。

考古学者は国家資格がありませんから、独学で考古学に親しんでいる人が「私は考古学者です」と話したとしても何ら問題はないのです。

一方、考古学者と関連する職業の一つに「学芸員」があります。

学芸員は考古学者とは異なり、国家資格です。日本の博物館法が定める博物館などの展示施設(美術館・動物園・水族館・天文台なども含む)で専門職員として働くためには、学芸員の資格を取得しなくてはなりません。

学芸員の仕事

「考古学専門の学芸員」が存在する

学芸員の活躍の場はさまざまです。日本の博物館法における博物館の定義は幅広く、歴史博物館や自然博物館に勤める人もいれば、美術館、科学館、植物園などで働く人もいます。

そのため、一言で「学芸員」といっても、美術学を専門にしている人もいれば、天文学を専門にする人もいますし、考古学を専門にしている人もいます。

しばしば「考古学者=学芸員」と勘違いされることがあるようですが、それはおそらく、考古学を専門にしている学芸員が比較的目立つからだと思われます。

実際には、全ての学芸員が考古学の研究を行っているわけではありません。

しかし、博物館で働く学芸員の中には、各地へ遺跡の発掘調査に出かけたり、報告書をまとめたりと、考古学に関する研究活動を積極的に行っている人もいます。