海上保安官の1日

海上保安官の生活パターン(一日の流れ)は、業務や職場によって随分と異なります。ここではいくつかの職種別に、一日の流れをご紹介します。

海上勤務の場合

巡視船に乗れば、パトロールなどで海に出ている間は何日も続けて働くことになります。船によりますが、最低10日間は陸に戻らないことも多いようです。その間、船は24時間体制で運営されています。

しかし、もちろん一人が24時間続けて働くわけではなく、「ワッチ」と呼ばれる勤務予定表に基づき、交代で勤務します。「ワッチ」は巡視船や乗員の人数によって勤務時間の分け方が異なります。

<ある日の航海士補のワッチ(巡視船で3時間、4直のワッチがとられている例)>
9:00〜12:00 業務
12:00〜13:00 昼食
13:00〜17:00 業務訓練(消火、射撃など)
18:00〜19:00 夕食
19:00〜21:00 入浴、自由時間
21:00〜24:00 業務
24:00 就寝

上記の場合、航海士補として船の運航に携わる業務は9:00〜12:00と21:00〜24:00の計6時間ですが、これ以外に「業務訓練」といって、事故や事件などに備えた業務外の訓練が行われています。

もちろん、突発的な事件などが発生すれば、この限りではありません。

<主計士補の一日(例)>
船の上での生活に欠かせない食事。調理を担当する主計士補のとある一日は、以下のようになっています。

05:20 起床
06:00〜07:00 朝食の調理
07:00〜08:00 配膳、食事
08:30〜09:00 献立ミーティング
09:30〜11:45 昼食の調理
11:45〜12:15 配膳、食事
15:00〜17:45 夕食の調理
19:00〜20:00 入浴
22:00 就寝

陸上勤務の場合

海上保安庁など陸上勤務の場合は、一般的な会社員と同じように平日の朝から夕方まで8時間勤務をしている人もいれば、24時間交代で勤務している人など、職場と職種によってさまざまです。