獣医師の仕事内容

獣医師の活動領域はさまざま

獣医師とは、主に病気やケガなどを抱えて動物病院にやってくる動物の診療を行ったり、水族館や動物園などで動物・生物たちの体調を管理する仕事です。

獣医師と聞くと、犬や猫などのペットの治療を行う「動物病院のお医者さん」といったイメージが強いですが、獣医師はそれ以外にもさまざまなシーンや現場で活躍しており、働く場所によって仕事内容も幅広いものとなっています。

たとえば、畜産業では牛、馬、豚、鶏など家畜の診療や病気の予防、また食肉の安全性の検査に携わったり、動物園ではそこで暮らす動物の診療をしたり、あるいは野生動物の保護や管理を行う獣医師もいるなど、活動領域は多岐にわたります。

ここでは、獣医師をいくつかのグループに分け、そこでの代表的な仕事内容を紹介していきます。

臨床獣医師(小動物)

いわゆる動物病院でペットの診療を行う獣医師です。獣医師を目指す人の多くは、この臨床獣医師を希望しています。

中には「犬」「猫」など特定の動物だけを看る病院もありますが、多くの病院ではさまざまな動物を総合的に診療します。

また、同じ犬や猫であってもさまざまな種類があるため、1人で犬や猫を診察できるまでには2年以上は要するといわれます。

とくに近年は、ペットブームからウサギやハムスターなどの診察も増えており、幅広い動物の知識が求められます。

臨床獣医師(大動物)

レースに出る競走馬がいる競馬の関連施設や、水族館や動物園といった動物が多く暮らす施設にも、獣医師は必要です。

このような場で働く獣医師は、動物の体調管理や出産などのケア、応急処置など、その施設にいる大動物を診察することになります。

国家公務員としての獣医師

厚生労働省や農林水産省で働く国家公務員の獣医師は、海外からやってくる食品・動物などの病原菌や毒物を国内に流出させないよう防止することが主な仕事です。

過去、ニュースでも話題になったBSEや口蹄疫などの感染やその拡大を防ぐためにも、重要な役割を担っています。

動物の診療のみならず、「検査」に関しても専門知識を持つ必要があり、まさに「獣医師のエキスパート」といえるかもしれません。

地方公務員としての獣医師

都道府県の施設などで活躍する獣医師もいます。仕事内容は検査がメインとなります。

たとえば家畜の食肉衛生検査では、家畜が健康に育つように病気の予防や治療を行うことで家畜の発育や繁殖などを助け、畜産農家の経営を支えるとともに、消費者が安心して食肉を口にできるようにサポートします。

また、「家の前で猫が倒れている」「近所のペットショップの動物が存在に扱われている」といった住民トラブルへの対応、狂犬予防などの予防接種等も行っています。

自治体で管理している動物施設、動物園や水族館などへ配属されることもあります。

獣医師の勤務先

平成26年時点において、獣医師の勤務先として最も多いのは、個人診療所(個人の動物病院など)の17,241人でした。割合にすると44.3%になります。

次に多いのが民間団体職員の7,623人、都道府県職員の7,121人と続いています。
獣医師の勤務先_26