編集者のやりがい (体験談)

仕事がカタチになるとき

編集者のやりがいとは何だと考えたとき、真っ先に浮かぶのは、やはり印刷所に原稿を持って行って、締切に間に合うことではないでしょうか。また、作り上げた原稿が一冊の本になって書店に並んだときも同じくやりがいを感じます。

誰か買っていかないか、立ち読みをしながら横目で観察することもあります。

原稿を受け取ったとき

これが小説や漫画であれば、担当が原稿を書いてくれて、それを渡してくれたときです。特に小説家でありがちなスランプ。過去に何作も人気作品を飛ばした人ほどスランプに陥りやすい傾向にあります。

何故なら、その人気作品を越える作品を書かないといけないというプレッシャーに襲われるからです。

編集者側からしても、人気作家から原稿をとってこないと自分たちのボーナスもありませんし、自分の立場自体も危うくなります。作家から原稿を取ってこれないのは編集者の力量のせいだ、という出版社もあり、そこで働く編集者は死に物狂いで作家にお願いして原稿を書いてもらっています。

しかし、理由はともあれ作家から原稿を受け取った瞬間は、その喜びにまさるものはありません。少なくとも、自分が一般人の中の最初の読者になることができるのです。

自分自身でつくりあげたとき

また、雑誌などで、自分が自ら文章を書いたり、写真を集めたりする場合もやりがいはとても感じることができるでしょう。もちろん並大抵の仕事ではありません。本来はフリーランスに頼んで業務を分散する仕事を自分で作り上げるのです。

一つのコマにかかる時間を把握し、それに対応する写真の素材を集め、必要があれば取材に行く。しかし、すべてを終えて脱稿したとき、自分の文章が公になるのです。「これ私が書いたんだ」とみんなに言うことができるのです。

このように、編集者のやりがいというのは、自分が携わっている本の種類や仕事内容によって大きく変わってきます。また、自分でやりがいを見つけるのも編集者という過酷な仕事を続けるために必要なことだと思います。

仕事体験談