編集者のやりがい (体験談)

仕事がカタチになるとき

編集者の一番のやりがいについて考えたとき真っ先に浮かぶのは、自分の手掛けた原稿が印刷され、実際に手に取ることができる書籍や雑誌として完成した瞬間だといえます。

編集者は、つねにスケジュールと戦っています。

間に合うか、間に合わないか、ギリギリのところで仕事をしていますが、無事に原稿が揃って印刷所へ持って行き、何とかひと仕事を終えたときには大きな安堵感に包まれます。

そして、苦労して作り上げた原稿が一冊の本になって書店に並んでいるのを見れば、何とも誇らしい気持ちになります。

その商品を誰か買っていかないか、つい立ち読みをしながら横目で観察することもあります。

原稿を受け取ったとき

自身が手掛けているのが小説や漫画であれば、担当する作家さんがきちんと原稿を書いてくれて、それを渡してくれたときにもやりがいを味わえます。

とくに小説家にありがちなスランプ。過去に何作も人気作品を飛ばした人ほど、スランプに陥りやすい傾向にあります。

なぜなら、そういう作家さんは、その人気作品を越える作品を書かないといけないというプレッシャーに襲われるからです。

編集者側からしても、人気作家から原稿をとってこないと評価されませんし、自分の立場自体も危うくなります。作家から原稿を取ってこれないのは編集者の力量のせいだといわれてしまう出版社もあります。

だからこそ、編集者は死に物狂いで作家にお願いして原稿を書いてもらっています。

しかし、理由はともあれ作家から原稿を受け取った瞬間は、その喜びにまさるものはありません。自分が最初の読者になることができるというのも、編集者ならではのやりがいであるといえるでしょう。

自分自身で原稿を作り上げたとき

雑誌などでは、編集者自らが文章を書いたり、写真を集めたりすることもあります。

作業にかかる時間を把握し、それに対応する写真の素材を集め、必要があれば取材に行く。そこでは、いちクリエイターとしてのやりがいを強く味わうことができるはずです。

もちろん、本来は外部のライターなどに頼んで業務を分散する仕事を自分でこなしていかなくてはなりませんから、苦労もたくさんあります。

しかし、すべてを終えて脱稿すれば、自分の文章が公になります。「これ私が書いたんだ」とみんなに伝えることができるのは、本当にうれしいものです。

このように、編集者のやりがいというのは、自分が携わっている本の種類や仕事内容によっても変わってきます。

また、自分でやりがいを見つけるのも、編集者という激務な仕事を続けるためには必要なことではないでしょうか。

仕事体験談