編集者の現状と将来性

売れる本と売れない本が明確に分かれる

「出版不況」といわれて久しい現代。日本人の読書離れが進み、市場規模がピークだった1996年に比べると現在は6割程度に落ち込むなど、本の売れ行きは大きく伸び悩んでいる現状があります。 

そんな出版業界の第一線で活躍する編集者の将来は、出版社や編集プロダクションの将来とも置き換えることができます。

数十年前ならば、本や雑誌、小説のいずれも、出版すればそこそこは売れていました。

しかし現在は読者が少なくなったうえ、限られた読者の見る目が非常にシビアになり、面白くない本にはまったく興味を示さなくなりました。

そして起こったのが二極化です。つまり、売れる本とそうでない本とのギャップが激しくなったのです。

出しても鳴かず飛ばずの発行部数しか出さない出版社や編集プロダクションは、これからどんどん淘汰されていくでしょう。

そして、そこに所属している編集者も辞めざるを得なくなりますし、倒産した会社で働いていた編集者を雇いたいと考える企業も少ないのが実情です。

編集者も二極化

編集者そのものとしての需要を見ると、そこまで落ち込んではいるわけではないようです。

しかし、現場では「できる編集者」と「できない編集者」に大別され、できる編集者は生き残り、できない編集者は業界を去るという編集者業界の二極化が強まっているといわれます。

また、編集者は決して高くない給料でも毎日が激務となるため、退職する人も少なくありません。そこで、慢性的な人手不足にも陥っている職種であるともいえます。

良くも悪くも実力主義である編集者業界、今後もその傾向はより一層強まることが予想されます。

自分に任された原稿は外部ライターやカメラマンなどに頼み、自分は何もしないで怠惰にしている編集者もいますが、そのような人はこれから自然と淘汰されていくでしょう。

与えられた仕事以上のことをこなす

小説を発行している出版社であれば、編集者の仕事は作家から原稿をもらってくることに尽きます。

そこで、もし何ヵ月も原稿をもらってこれなかったり、作家を怒らせてしまって、「もうおたくのところには原稿をださない」と言われたりしたら、編集者生命は危機的状況にあるといえます。

大きな出版社であれば、他部署に異動ということもありますが、そうでない場合は、一切仕事を任されなくなり、コピー取りやお茶くみの仕事しかない毎日が続きます。

そして、自分が今やっていることはアルバイトでもできることだと気付き、編集者という職業を去ることになります。

もちろんこれは極端に悲観的な例ですが、ここで言いたいのは、編集者として自分が何をすべきなのか、与えられた仕事以上をきちんとこなすことができるかどうか、ということが強く問われてくるということです。

仕事体験談