編集者の1日

激務といわれる編集者の仕事ですが、時期によってものすごく忙しいときと、多少落ち着いているときがあります。

ここではそんな編集者の1日を、2通りのパターンで紹介します。

月末になり締切に追われている編集者の1日

編集媒体は『行ってみたい温泉100選』だとします。

15:00 仮眠後、業務開始

前日から会社に泊まり込みしていたため、起床後、すぐに作業開始。

自分が任されているページがどれくらいはかどっているかを確認します。

16:00 編集作業

ライターとカメラマンがそれぞれ書き、撮ってきた文章や写真をデザインして、パソコンにページ割りを決める作業です。

17:00 食事

仕事を進めながら、近くのコンビニで買ってきたものを食べます。

18:00 原稿の催促

まだ上がってきていない文章と写真がいつまでにできるかを、ライターとカメラマンに確認します。

19:00 取材交渉

ライターから電話があり、取材予定であった宿屋の主人から取材許可が下りないとのこと。

編集者自らが電話をして交渉します。

20:00 業務連絡

カメラマンに、取材で利用した宿代が高すぎるとクレームの電話を入れます。

あまりに高くなると経費精算できなくなるためです。

21:00 原稿確認

ライターとカメラマンから最終の文章と写真が上がってきました。

22:00 編集作業

パソコンで編集作業を進めます。

23:00 ゲラ確認

印刷所でゲラ刷り(校正用に試し刷りをした印刷物)した内容と、原稿を照らし合わせて内容に間違いがないか確認します。

24:00

業務がひと段落しました。終電がなくなってしまったため、会社で就寝。

月の半ば、比較的穏やかな時間が流れているときの編集者の1日

9:00 出社

始業時間に間に合うように出社します。

9:30 企画会議

会議に参加し、次の雑誌の企画について意見を交わします。

11:00 ライターと面談

飛び込みでフリーランスのライターが来社し、自分に記事を書かせてほしいとのこと。

比較的時間があったので話を聞きます。面白い企画を持っていた場合には、その企画書をもらいます。

12:00 昼食

同僚と一緒に、オフィス近くの定食屋で昼食をとります。

13:00 企画の提案

ライターからもらった企画書を確認し、編集者のトップであるデスクに内容を伝えます。

14:00 記事執筆と撮影の依頼

朝の会議で、自分が任されたページ数と内容を確認し、記事を書いてもらうフリーランスのライター、写真を撮ってもらうカメラマンにそれぞれ依頼の電話をかけます。

15:00 雑務

雑誌にかけられる予算を確認し、ライターとカメラマンに払える報酬を確認。今回は人気雑誌なので、移動費、宿泊費もろもろの予算がとれました。

16:00 報酬の支払い

先月依頼したライターとカメラマンに報酬の支払いを行います。

17:00 企画を練る

今後の記事として面白そうな企画を考えます。書店へ関連書籍を探しに行くことも。

18:00 退社

だいぶ落ち着いていた日は、なるべく定時で帰るように努めます。

仕事体験談