編集者の1日

編集者の1日を二通りのパターンで紹介します。

月末になり締切に追われている編集者の1日

編集媒体は「行ってみたい温泉100選」

15:00
前日から会社に泊まり込みしていたため、起床後、すぐに作業開始。自分が任されているページがどれくらいはかどっているかを確認。

16:00
ライターとカメラマンがそれぞれ書き撮ってきた文章なり写真をデザインして、パソコンにページ割りを決める作業。

17:00
食事

18:00
まだ上がってきていない文章と写真がいつまでにできるかをライターとカメラマンに確認

19:00
ライターから電話があり、宿屋の主人から取材許可が下りないとのことを受け、主人は自分が電話をして交渉する。

20:00
カメラマンに宿代が高すぎるとのクレームの電話をする。これ以上高いと経費精算できなくなるので。

21:00
ライターとカメラマンから最終の文章と写真が上がってくる。

22:00
パソコンで編集

23:00
印刷所でゲラ刷りしてきたものともとある文章とをチェックし、文字の大きさなどを確認

24:00
一段落。明日は早朝に印刷所に持って行く予定。終電がなくなってしまったため、会社で就寝。

月の半ば、比較的穏やかな時間が流れているときの編集者の1日

9:00
出社

9:30
会議で次の雑誌の会議

11:00
飛び込みでフリーランスのライターが来社し、自分に記事を書かせてほしいとのこと。比較的時間があったので話を聞く。

11:30
飛び込みのライターはおもしろい企画を持っていたので、その企画書をもらう。

12:00
昼食

13:00
ライターからもらった企画書を確認し、編集者のトップであるデスクに持ち上げてみる。デスクは考えるとのこと。

14:00
朝の会議で、自分が任されたページ数と内容を確認し、記事を書いてもらうフリーランスのライター、写真を撮ってもらうカメラマンにそれぞれ依頼の電話をかける。

15:00
雑誌にかけられる予算を確認し、ライターとカメラマンに払える報酬を確認する。今回は人気雑誌なので、移動費、宿泊費もろもろの予算がとれた。

16:00
先月依頼したライターとカメラマンに報酬の支払い。

17:00
自分でも、やってみたらおもしろそうな企画を考える。

18:00
退社

このような流れで編集者の1日は過ぎて行きます。

仕事体験談