飲食店店長の仕事

ホールスタッフから店長へ

複数の飲食店を経営する企業では、経営陣の判断のもと、仕事ぶりのいいホールスタッフを店長に昇格させることがあります。

ホールスタッフとして現場を知る人材をマネジメント側に置くことは、現場の視点を持ちながら店を管理していける利点があります。

または、企業や店によっては店長候補として正社員ホールスタッフを採用し、現場体験と同時進行で店長教育をすることもあります。

店長の具体的な仕事例

飲食店店長の重要な仕事のひとつは、スタッフの勤務時間管理です。一般的にはスタッフから提出された勤務日時希望に基づき、店長がシフト表を組みます。

各スタッフの希望をなるべく聞き入れながら、営業に支障が出ないようにシフト表を組むのは神経を使う仕事です。

アルバイトスタッフの採用面接と採用判断には、店長が大きな役割を果たします。

他スタッフとの相性や店のポリシーと応募者がマッチするかを冷静に判断できるのは、店全体を把握している店長だからです。

週ごとや月ごとの売上を管理し、上層部や本部に報告する業務もあります。

売上が伸び悩んでいると経営陣から状況説明や見通しの提出を求められ、報告書を提出しなければいけません。

一部チェーン店などでは、原材料の在庫管理と仕入れを任されることがあります。人気メニューや客層を把握している店長がそれらを管理するのが合理的だからです。

店長がレジ管理とマネジメントに徹しているか、ホールスタッフやキッチンスタッフの一人として実働するかは、店のポリシーによって異なります。

ホールスタッフとして実働する場合、シフトの穴を埋めるように勤務するため、生活時間が不規則になりがちです。

店長に求められる資質

店長には店のスタッフをまとめあげる人望が求められます。

現場の声を経営陣に届け、また経営陣の要望を達成するために現場を上手に鼓舞できなければいけません。

売上や在庫・仕入れ管理を行うため、ある程度数字に強いことも求められるでしょう。

ひとりで何役もこなす立場のため、体力とバイタリティが求められる仕事でもあります。