アルバイトのホールスタッフとして働く

アルバイトホールスタッフの役割

飲食店のアルバイトホールスタッフは、正社員ホールスタッフの指示のもと、ホールスタッフ業務全般を行います。

アルバイトと言えどもお客さまに食事を楽しんでもらえるよう最善の努力が求められます。しかし重要な判断やミスをした際の責任は正社員に任せることになります。

アルバイトホールスタッフの給料と待遇

アルバイトホールスタッフは時給制での勤務が一般的です。時給は地域や店によって大きく異なります。

時給が高ければ、それだけ求められる役割やスキルが多い傾向があります。

アルバイトホールスタッフの場合、週に30時間以上の勤務実態があれば、雇用元は当人を社会保険に加入させなくてはいけません。

また既婚者で配偶者控除を受け続けたい人は、年収103万円以上を超えないように勤務時間を考慮する必要があるでしょう。

アルバイトホールスタッフの勤務形態

アルバイトホールスタッフには、週5日フルタイムで勤務する人もいれば、混み合う3〜4時間だけ勤務する人もいます。また本業と掛け持ちしながら、週末だけ勤務するなどもいます。

希望の勤務日数や曜日、勤務時間帯などの要望がある場合は、面接時に担当者に相談することが重要です。

アルバイトホールスタッフの利点

アルバイトホールスタッフの利点は、何と言っても勤務形態をフレキシブルに選択できるところにあるでしょう。

この曜日だけ、この時間帯だけ、何時間だけ働きたいという希望が叶いやすい立場です。

アルバイトホールスタッフの苦労

アルバイトホールスタッフの大変な点は、正社員と同様程度のパフォーマンスを求められるにも関わらず、重要事項の決定権がないことです。

最終的な責任を取る必要はありませんが、個人的に判断できる事項が少ない中で良い仕事をしようとすると、想像以上にストレスが溜まります。

また、フルタイムのアルバイトホールスタッフとして働く人は、時給が相当高くない限り、金銭面で苦労することが多いでしょう。