ゲームクリエイターの志望動機・面接

オリジナリティある答えを心がける

ゲームクリエイターになりたい場合、多くの人はゲームメーカーやゲーム開発会社への就職を目指すことになるでしょう。

それらの採用試験では確実に面接試験が行われ、そのうち「志望動機」は合否にも大きく関わってくるため、事前にきちんと考えておく必要があります。

しかし、いったいどのような志望動機がよいのでしょうか?

さまざまな意見が飛び交っているようですが、これに絶対的な正解はありません。

とくにこの仕事は「アイデアを出して創造する」仕事ですから、どこかで見たようなありきたりの志望動機よりも、オリジナリティあふれる内容のほうが好まれることもあるでしょう。

自分の心としっかり向き合って考えることが大切です。

ゲームへの情熱と「作り手」になる覚悟

ゲームクリエイターを志す人は、誰でもゲームが大好きであるはずです。

しかし、ゲームクリエイターを志望するうえで大切なのは、いちユーザーとしてだけではなく、ゲームの「作り手」になりたいと思った理由やきっかけを明確にすることです。

いくら自分にとって大きな影響を及ぼした忘れられない作品があり、それについて熱く語ったとしても、「ただのファン」と思われてしまえば合格は難しいです。

制作者になるという視点を持って、志望動機を考えていくとよいでしょう。

その気持ちは本物?

プロも驚くような圧倒的なスキルや才能を持っている人は別として、まだ学生の段階では、現時点でのスキルはさほど重視されないことが大半です。

それよりも、企業は「これからどれだけ伸びるか?」という可能性に賭けて採用活動を行います。

もちろん、ゲーム業界で生きるための最低限のセンスは必要ですが、制作の仕事はとても忙しく、徹夜続きのときなど「気合い」や「根性」で乗り切らなければならないこともあります。

いくら才能があったとしても、ただのミーハーな気持ちでは、仕事が嫌になってしまうかもしれません。

仕事は楽しいこともある反面、大変なこともたくさんあります。そんな壁も乗り越える覚悟ができているかどうかを、企業側は面接を通じて判断しようとします。

面接試験はある意味、あなたがゲームクリエイターになりたい気持ちが本物なのかどうかを試される場といえます。

仕事体験談