フラワーコーディネーターへの転職

人気のフラワーコーディネーター

近年、通信教育やカルチャースクールで「フラワーコーディネート」や「フラワーアレンジメント」の講座が人気を集めています。

「花に触れることで心が癒される」とか「自分のセンスを発揮できるのが楽しい!」と感じている人も多く、好きなことを仕事にしようと本格的にフラワーコーディネーターへの転職を考える人もいるようです。

では、フラワーコーディネーターに転職したいと思ったとき、何が必要なのでしょうか。

まず、資格に関してですが、フラワーコーディネーターというのは資格が必要な職業ではないので、資格試験を受ける必要はありません。

ただし、公益社団法人である日本フラワーデザイナー協会が主催する「フラワーデザイナー」の資格や、国家資格の「フラワー装飾技能士」などは、花に関する知識やスキルを身につけている証となるため、取得しておいても損はないでしょう。

資格取得以外にも、植物に関して学べる専門学校に通ったりフラワーアレンジメントの講座に通ったりして勉強してから就職を探すほうが選択肢は広がります。

転職の注意点は

フラワーコーディネーターとして転職したいと考えたときに多くの人がぶつかる壁は「正社員として採用してもらうのが難しい」ということでしょう。

そもそもこの業界は個人経営の小規模な花屋や園芸ショップが多いので、契約社員やパート・アルバイトの人が多く働いているという実情があります。

未経験の転職者がいきなり正社員に採用されるというのは、ハードルの高いことなのです。

正社員としての採用を見つけるのが難しいときは、長い目で見てチャンスを待つ姿勢も必要です。

まずは契約社員やパートやアルバイトからスタートし、先輩の仕事ぶりを見て経験を積みながら正社員への登用をめざすというほうが現実的といえるでしょう。

この場合、正社員登用までの間は収入が低いことも予想されるので、転職前にしっかり貯蓄をしておくことも大切です。