ファイナンシャルプランナーのつらいこと、大変なこと、苦労

相手と信頼関係を築く

ファイナンシャルプランナー(FP)は、相談業務を通じてお客さまの情報を聞いていくことになりますが、このときに何よりも大切なのは、まず相手から信頼されることです。

いくらファイナンシャルプランナーがお金のプロであっても、初めて会う人に対して自分の家族や収入、資産、将来どうしたかといったプライベートな話をするのは抵抗を感じるものです。

だからこそ、ファイナンシャルプランナーはつねに誠実にお客さまと向き合い、心を開いてもらうように努めなくてはなりません。もちろんヒアリング力も不可欠です。

もし、お客さまの話から問題点を発見したらお伝えしなければなりません。言いにくいこともありますが、改善するためには必要なことです。

お客さまはさまざまな価値観や個性を持っており、マニュアル通りに事が進むとは限りません。

初対面の相談者と信頼関係を築き、適切なコミュニケーションをとっていくことは、この仕事の大変なところのひとつです。

勉強が欠かせない

家計や家族構成などお客さまの状況は一人ひとり違うため、ファイナンシャルプランナーが提案する内容はつねにオーダーメイドのものになります。

しかし、お客さまのニーズや個性にぴったりと合う提案内容を考えることは、とても難しい作業です。

商品に対する考え方、リスクに対する考え方、将来の予定などはお客さまによってさまざまで、数字だけでは最適な答えにならない部分もあります。

お客さまの状況を把握するのにも、提案内容を検討するにもスキルと経験が必要です。

また、金融などに関するさまざまな知識がなければどうにもいかないため、つねに最新の情報をチェックし、勉強が欠かせないことはファイナンシャルプランナーが苦労するところでもあります。

独立してからの苦労も

ファイナンシャルプランナーは独立を目指して頑張っている人もいますが、いざ独立できてからも集客などの苦労を感じることになるでしょう。

お客さまを獲得するために、ホームページを活用したり、イベントに参加したりと工夫が必要です。

また、講師として講演活動をする人もいますが、そのときの苦労は、受講者のレベルがわかりにくいという点です。

基本的なことから説明するのか、それとも基本的な内容は省略して話すのかなど頭を悩ませることも多く、事前準備にもだいぶ時間がかかります。

お客さまの都合にあわせて動くことも

ファイナンシャルプランナーは相談業務がメインとなるため、お客さまの予定に合わせてスケジュールを調整することになります。

日本FP協会の「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」によると、相談者の職業は「会社員」(37.5%)が最も多く、「会社経営者・会社役員」(25.5%)が続いています。

日中に仕事をされているお客さまと会うとなると、どうしてもアポイントメントは平日の夕方以降や土日になることもあります。

場合によっては、自身のプライベートの時間を犠牲にしなくてはならず、それもファイナンシャルプランナーの大変なところです。