動物飼育員の転職

動物飼育員への転職は可能?

民間の動物園であっても、公立の動物園であっても、そこで働く動物飼育員は定期採用ではなく、欠員が出るたびに不定期で採用募集を行うところがほとんどです。

その応募条件としては、年齢制限や学歴、資格などが問われたり、即戦力を求めて動物飼育に従事していた経験者であることが掲げられる場合もあります。

一方、経験はとくに問わずに募集されることもあり、それまで動物とはまったく無縁の仕事をしていた人であっても、採用試験に合格さえすれば動物飼育員への転職を実現できる可能性は十分にあると考えられます。

ただし、飼育員の募集人員は普通、一回の募集で「若干名程度」と決して多いものではありません。

未経験者であっても、専門学校やスクールに通ったり、何らかの動物に関する知識を身に付けていなければ、合格は難しいといえそうです。

動物に関わる仕事をしていた人の場合、書類専攻や面接などではいくぶん有利になることが考えられます。

また、もし公務員の飼育員として働くのであれば、自治体ごとに行われる「公務員採用試験」を受けなければならないため、筆記試験などの対策もする必要があります。

動物飼育員からの転職

一方、動物飼育員から別の仕事に移ることを考える人の場合、やはりその後も動物と関わる仕事をしたいというケースが多いようです。

転職理由はさまざまです。体力的に業務を続けていくのが難しいことを理由に挙げる人もいれば、動物は好きだけれど、人間にとってもっと身近なペットと接する仕事がしたくなったという人もいます。

転職後の職種としては、動物病院で働く動物看護師や獣医師、トリマー、ペットショップ店員などを目指す人が多いようです。

このような、主にペットを扱う仕事であっても、動物と深く触れ合った経験を持っていたり、その扱いに慣れていることはプラスに評価されています。