水族館の飼育員・トレーナーになるには

水族館では、飼育員、トレーナー、獣医など、さまざまな専門分野を持つ人が集まって働いています。

そのうち、水族館で生きる魚類や海獣などの世話を主に行うのが飼育員です。水族館の飼育員は、動物園で働く飼育員と同様、不規則な勤務時間となることが多く、肉体的なタフさが要求されます。

ここでは、水族館の飼育員として働く方法を紹介します。

水族館の飼育員として働くには

水族館の飼育員は、民間あるいは公営の水族館施設に勤務しています。

ただし、その求人数はきわめて少なく、欠員募集がほとんどであるため、水生生物の飼育に関する知識や経験のない未経験者は、ほぼ採用されることはないようです。

現在、水族館飼育員として勤めている人のほとんどは獣医師免許を持っていたり、畜産、水産大学あるいは専門学校で、海洋や動物などについて学んでいます。

そのため、早くから水族館での飼育員として働きたいという希望があるのであれば、こういった大学や専門学校への進学を検討したほうがよいでしょう。

なお、公営の水族館に勤務したい場合は、公務員採用試験を受けて採用される必要があります。

ただし、最近では民間企業へ委託している水族館が増えており、とくにアルバイトの場合は現場で採用活動を行うケースが一般的になっているようです。

水族館の飼育員の仕事

水族館の飼育員の仕事は、朝の給餌からはじまります。生簀(いけす)の中から餌となる小魚などを取り上げ、飼育場まで運び、餌を与えます。

水に触れる作業が多くなり、冬ともなると、極寒の環境となることもあるため、非常にきつい仕事です。

水族館の仕事のメインとなるのは、この給餌の仕事と館内や水槽内の清掃です。魚たちが快適な環境で生活できるよう、また見に来てくれるお客さまに不快を与えないためにも、欠かせない仕事です。

水族館のトレーナーになるための道

人々を楽しませる、イルカやアシカ、アザラシなどのショー。どの水族館でも欠かせないイベントとなっていますが、ここに出演する海獣たちのトレーニングを専門的に行うのが、トレーナーです。

トレーナーの場合、飼育員と比べると、学術的な知識を問われることはあまり多くありません。大学に通わずとも、専門学校でトレーナーとしての基礎的な技術を学んで採用されるケースが目立っています。

ただし、給料や待遇面は決して華やかなものではありません。アルバイトや契約社員からスタートするケースもあります。

それでも、水族生物と心を通わせ、一緒に仕事をするこの職種は業界の中でも人気があります。採用人数も非常に少ないため、なるためには強い意志と努力が必要です。