スタジオマンの仕事

プロのカメラマンになるにはいろいろな方法がありますが、その代表的な方法とも言えるアシスタントになるのではなく、まずはスタジオマンも目指すのも良いでしょう。その仕事内容や魅力についてご紹介します。

スタジオマンとは?

「スタジオマン」とは、撮影スタジオで勤務する人のことを指します。撮影スタジオとは広告写真に使用するための商品を撮影したり、雑誌に掲載されるモデルを撮影したりする場所で、照明などの機材がひととおり揃っています。

そして、カメラマンは案件ごとに撮影スタジオをレンタルして撮影を行うのが一般的です。

スタジオに勤めるとまずは「助手」として働くのが普通で、最初は掃除や片付けなどの雑用から始まりますが、だんだんと慣れてくれば照明のセッティングや露出計算なども行うようになります。

スタジオマンは、スタジオで撮影を行うカメラマンにとっては欠かせない存在なのです。

スタジオマンになるメリット

撮影スタジオには、毎日さまざまなカメラマンが訪れます。また、被写体は人物もあれば商品のこともあり、同じ商品でも車や化粧品、バッグなど大小さまざまです。

撮影するものが違えば撮影方法も異なるため、スタジオマンはその様子を身近で見ながら、撮影技術を学ぶことができます。現場でのコミュニケーションのとり方も自然に身に付いていきます。

さらに、仕事を長く続けて撮影にきたカメラマンと親しくなれば、アシスタントにしてもらえる可能性もあります。もちろんそれは運によるところもありますが、たくさんのカメラマンと知り合いになれるのも、スタジオマンのメリットと言えるでしょう。

スタジオマンになるには

インターネットを使えば、スタジオマンを募集している撮影スタジオがたくさん出てきます。また、カメラ雑誌に求人情報が掲載されることもあります。

「これは!」と思うスタジオがあれば、求人が出ていなくても直接電話をかけてみるのも良いでしょう。学校などで特別に写真を学んだことがなくてもOKとしているスタジオもあるので、未経験者の人にも向いていると言えます。