カメラマンになるまでの費用

カメラマンになるための学校に通うべき?

カメラマンになるために、専門学校や大学など、どこか決まった学校に通わなくてはならないといったことはありません。

完全に独学でもカメラマンになることはできますし、さほど学歴も問われない職業であるため、お金をかけずにカメラマンとしてデビューすることも不可能ではありません。

しかし、まったく知識や経験のないところから、完全に一人でカメラや撮影のことを勉強していくのはかなり大変です。

ここからは、写真の専門学校や大学、スクールなどに通ってカメラマンを目指していく場合の費用を見ていきたいと思います。

学費について

大学

大学でカメラマンに関連することを学ぶのであれば、芸術系大学や総合大学の写真学科が選択肢に挙がるでしょう。

大学の写真学科では、カメラや撮影のノウハウといった実践的な内容よりも、カメラや写真の歴史・理論を中心に学ぶことが多いようです。

写真論などの研究を行っている教授も在籍していることから、よりアカデミックに写真を学ぶことができます。

私立の4年制大学の場合、1年目には入学金が必要になるので、だいたい1年間で130〜180万円程度。2年目以降は100〜150万程度となり、卒業までの学費は400万円~500万円程度が相場ですが、機材費や実習費などが別途かかる場合もあります。

専門学校

専門学校では、大学よりも「実践」を意識したカリキュラムが組まれています。

入学時からスポーツ、コマーシャル、ファッション、ドキュメンタリーなど、いくつかのジャンル別のコース分けがされている学校もあり、希望の進路に応じて、早くから現場で活躍できるための撮影技術を身につけていきます。

学費は昼間部の学校で、1年目が入学金をあわせて150万円前後、2年目以降は100万円~150万円程度が一般的です。

スクール

民間のスクールでも、写真を学べるところはあります。

しかし、趣味として習い事感覚で通うスクールなのか、仕事としてやっていくことを目指す人向けのスクールなのかによってカリキュラムは異なり、費用もだいぶ変わってきます。

月に1万円程度の講座もあれば、半年間で数十万円程度かかるものもあります。

また、「ポートレート撮影」「ストロボの使い方」といったような、目的やテーマ別に単発で開講される講座もあり、そうした講座は1回に数千円程度と気軽に受けられるものあるようです。

機材代

カメラマンに欠かせないのが、カメラをはじめとする機材です。

最近ではデジタル一眼レフカメラが主流ですが、プロ向けのものになると20万円以上するものが多いようです。

また、交換レンズやストロボ、バッテリー、三脚、レフ版など、ひと通りの機材を揃えるのに100万円ほどかかる場合もあります。

ただ、フィルムカメラが主流であった時代と比べれば、「フィルム代」や「現像代」が大きくかからなくなっている分、費用は抑えられるようになっています。

その他

また、自分の作品集を作るためにスタジオ撮影をするのであれば、スタジオのレンタル費がかかります。

レンタル代金は1時間数千円〜数万円程度が主流です。

また、営業活動をするにはパソコン内にとりこまれたデジタルのデータだけでは不十分なので、撮影した写真をプリントする必要も出てきます。

そうなると、プリント代がかかります。

カメラマンになるために、しっかりと機材を揃え念入りに準備をしようとすればするほど、費用がかかるといえます。

しかし実力主義の世界ですから、ある程度の投資は覚悟しておく必要があるでしょう。