カメラマンは独学でなれる?

「独学でも大丈夫!」だが…

カメラマンを目指す人のための学校はたくさんありますが、どうしても費用と時間がかかります。「できることなら独学で…」と考えている人は、意外と多いのではないでしょうか。

プロのカメラマンの意見はさまざまで、「きちんと学校で基礎を学ぶべき」という人もいれば、「自分は独学でも何とかできた」という人もいます。

ここでひとつポイントとなるのは、単純にカメラの扱い方や写真の知識だけだったら、独学でも学べるということ。カメラ・写真に関する本や雑誌はたくさんありますし、インターネットで情報を探すことも容易です。

一方、「何を撮るか?」「どう撮るか?」といった、より個人の感性が生かされる部分は、教わるだけではどうにもならない部分もあります。結局は自分でセンスを磨き、頭を使って考えるしかありません。

そして学校を出たからといって、全員がカメラマンになれるわけでもないという現実。このように考えていくと、独学でもやりようによってはカメラマンになれる知識と技術を身につけることは可能でしょう。

教わることのメリット

しかし、誰かに教わることの大きなメリットは、自分が撮影した写真について指摘してもらったり、アドバイスがもらえたりすることと言えます。

独学で伸び悩んでしまう人が多いのは、自分の中だけで「どうにかしなければ」と、進むべき方向が見えなくなってしまうことに原因があるように思われます。また、学校などで基礎からしっかりと教わることで、より応用力がつきやすいとも言われています。

自分の写真をアピールしよう

独学でしっかりと知識と技術が身に付いても、自分が撮った写真を誰かに見てもらわなければ、一向に仕事はもらえません。

ですので、撮影した写真をファイリングして作品集を作り営業活動をしたり、ポストカードにしていろいろなお店に置いてもらったり…といったさまざまな努力をしていかなければなりません。

それと同時に、未経験でもアシスタントとして採用してくれるカメラマンやスタジオを探して、現場経験を積んでいくことも必要となります。