カフェオーナーになるには

カフェオーナーになる道のりはさまざま

カフェオーナーになるのに、決まった方法ありません。

「この勉強をしていなければ絶対になれない」という仕事でもなく、学歴が問われることも基本的にないでしょう。

経営に関する書籍などはたくさんあり、そうしたものを読んだり、人から情報を集めたりして、着実にノウハウを積み上げていくことは可能です。

カフェオーナーになる道としてよくあるパターンとしては、アルバイトや社員としてカフェ・喫茶店にしばらく勤め、経験を積んで独立するものです。

早いうちから将来は自分の店を出すことを目指し、いくつもの店舗で修業を積むという人もいます。

一方、まったく異業種で働いている人が資金を出してオーナーになり、店舗運営のほとんどは他の人に任せるということもあります。

カフェオーナーになりたいのであれば、ただ机に向かった勉強だけをするよりも、実際にカフェなどの店舗で働く経験を経てサービスやマネジメントについて学んだ李、飲食業界で何かしらビジネスの経験を積んだりするほうが、現場でしかわからないことを理解しやすいでしょう。

それと同時に、カフェ経営の専門学校やスクール、通信講座などで、経営に必要な知識を学ぶということも可能です。

とくに、開業の際にはさまざまな手続きが必要で、初めてのときには不安が付きまといますが、講座を受ければそうした流れについても教わることができるでしょう。

関連する民間資格も多数

もしカフェを出す際には、「食品衛生責任者」の資格を取得する必要があります。これは飲食店営業の許可申請をするのに必須の資格であり、店舗に1名以上いることが求められます。

食品衛生責任者を取得し、管轄の保健所に食品営業許可を申請して営業許可を受けることになります。

こうした開業に必要な手続き以外には、特別な資格が必要となるわけではありません。

しかし、カフェオーナーとして必要な知識を身につけるなかで、何らかの資格取得を短期的な目標としてもよいでしょう。

カフェ経営に関する民間資格として代表的なものに、日本安全食料料理協会が認定する「カフェオーナースペシャリスト」があります。

同協会では、このほか「コーヒーソムリエ」や「紅茶マイスター」といった資格も認定しており、こうした資格を取得して知識を深めていくのもよいでしょう。