アートディレクターの求人・採用募集状況

新卒でアートディレクターにはなれない

アートディレクターはグラフィックデザイナーとして経験を積んだ人が就く職種であるため、新卒者を募集することはありません。

つまり、アートディレクターの求人はイコール中途採用者の募集であるといえます。

新卒者がアートディレクターを目指すなら、まず、グラフィックデザイナーまたはそのアシスタントとして就職し、数年間の経験を積むとともに、デザインセンスや技術をしっかり身に付ける必要があります。

またそれ以前の課題として、大手広告代理店への就職を希望するなら4年制の美術大学、大手以外の広告代理店や制作プロダクションならデザイン系の専門学校で学ばなければなりません。

もっとも高い年収が見込めるのは大手広告代理店であり、次いで中堅の広告代理店や制作プロダクション、小さな会社ほど低くなる傾向にあるといえます。

アートディレクターになるという明確な目標があるなら、学校選びから慎重に臨むことが大切です。

求人が極端に少ない職種

グラフィックデザイナーの上位の職種にあたるアートディレクターは、一般職でいうと管理職のような立ち位置だといえます。そのため求人自体が極端に少ないのが現状です。

これに対して、「アートディレクター候補」とうたったグラフィックデザイナーの求人は多数見られます。

やはり自社で優秀なグラフィックデザイナーを採用し、そこからアートディレクターを育てたいと考える会社が多いということではないでしょうか。

また、数少ないアートディレクターの求人に共通しているのは、必須スキルがグラフィックデザイナーの経験、そしてアートディレクションの経験者を優遇しているという点です。

このことから、これまでグラフィックデザイナーをしていた人が転職を機にアートディレクターにステップアップするのはなかなか難しいことが伺えます。

1社の中でデザイナーからディレクターへの転身を果たし、数年間務めてから転職した方が、採用のチャンスが広がるといえるでしょう。