Webエンジニアを目指す人におすすめの資格はある?

Webエンジニアの資格の必要性

前提として、Webエンジニアになる上では「資格」は必ずしも必要ではありません。

Webエンジニアは医師弁護士のような資格が必須となる職業ではなく、まったく何の資格を所持していなくともWebエンジニアとしての業務を行うこともできます。

資格は、あくまで対外的な評価を上げるため、もしくは自己研磨やスキルアップの目的などの意味で取得する形となります。

資格を所得していると、「Webエンジニアの仕事に対して一定の意欲や関心がある」「Webエンジニアとしての基礎知識を備えている」、ということを対外的に示すことができますので、特に未経験者であれば、採用面接時の評価も高まりやすいです。

また、資格勉強を通じて実務に通じる知識やスキルも蓄えられるため、将来、Web開発の現場に配属された際にも糧となってくれるでしょう。

ただし、資格に絶対的な力があるわけではなく、資格を所持していればすんなりと就職が決まるという訳ではありませんので、その点は理解しておく必要があります。

Webエンジニアにおすすめの資格は?

Webエンジニアにおすすめの資格は「情報処理技術者試験」「Webプログラミング系の資格」の大きく2系統に分けることができます。

情報処理技術者試験

「情報処理技術者試験」は、経済産業大臣の下、情報処理推進機構(IPA)が運営するIT分野の国家試験(国家資格)となります。

試験勉強を通して、「IT」に関する技術知識を体系的に幅広く学ぶことができます。

web業界で働くWebエンジニアやWebプログラマーの人から、SI業界で働くシステムエンジニアインフラエンジニアの人まで、仕事でITやコンピュータを扱うエンジニアであれば誰であっても役立つ資格となります。

情報処理技術者試験にはいくつもの種類がありますが、Webエンジニア向けの試験としては次のようなものが挙げられます。

<Webエンジニア向けの情報処理技術者試験>
・ITパスポート試験(IP) スキルレベル1
・基本情報処理技術者試験(FE) スキルレベル2
・応用情報技術者試験(AP) スキルレベル3
など

スキルレベル1~最大4でレベル分けされており、レベルの高い資格ほど難易度・評価ともに高まります。

この中でも「基本情報処理技術者試験(FE)」は、コンピュータの基礎原理に始まり、ITを用いた経営やビジネス、さらにはWebエンジニアとしては養っておきたいプログラミング系の知識も備えられますので、これからWebエンジニアを目指す人にはおすすめでしょう。

Webプログラミング系の資格

Webエンジニアは、業務の一環でプログラミングやコーディングを行うことも多く、資格勉強を通じて、「HTML」「Java」「Rudy」などのWebプログラミング言語のスキルを習得しておくに越したことはないです。

現在、Webプログラミング系の資格はたくさんの種類がありますが、その中でもメジャーであり、おすすめの資格は次のようなものが挙げられます。

<WebエンジニアにおすすめのWebプログラミング系の資格>
・HTML5プロフェッショナル認定資格
・Java(TM)プログラミング能力認定試験
・Ruby技術者認定試験
・PHP技術者認定試験
・Webクリエイター能力認定試験
など

たとえば、将来Javaを用いてアプリケーションを開発するエンジニアになりたければ「Java(TM)プログラミング能力認定試験」がおすすめであり、Rudy系でいきたいのであれば「Ruby技術者認定試験」といった選び方となってきます。

このようなWebプログラミング系の資格は、資格勉強を通じてプログラミングの基礎を身に付けることができますので、特に未経験者の場合はどれか一つでも受験しておくと、プログラミングへの理解を大きく高めることができるでしょう。

基本情報処理技術者試験

「基本情報処理技術者試験」は、情報処理推進機構(IPA)が運営する国家試験「情報処理技術者試験」の中でスキルレベル2に分類される試験であり、通称「FE」とも呼ばれます。

コンピュータ科学基礎・コンピュータシステム・ネットワーク技術・データベース技術・セキュリティ・システム開発運用・IT化と経営など、さまざまな分野が出題され、ITについて幅広く学ぶことができます。

一般的には、SI業界のシステムエンジニアやインフラエンジニアが取得することの多い資格となります。

とはいえWeb業界に属するWebエンジニアであっても「IT」を扱っていることには変わりなく、サーバーの操作やデータベースの管理などに携わることもありますので、国家資格でもあるこの資格を所持していると、実務やキャリアアップに役に立つことも多いでしょう。

また、午後試験はプログラミング言語を用いた試験となり、プログラミングを行う上での考え方や論理的思考力を養うことができます。

「基本」と名前が付いているものの決して簡単な試験というわけではなく、IT業界外の人間が受験するとなると、少なくとも半年程度の勉強期間を要することがあります。

なお、下位資格に「ITパスポート試験」、上位資格に「応用情報技術者試験」が存在し、基本情報処理技術者試験が難しく感じる人の場合は、まずは下位のITパスポート試験の方からチャンレンジしてみるのもよいでしょう。

参考:情報処理推進機構 基本情報処理技術者試験

難易度:★★★☆☆

HTML5プロフェッショナル認定資格

「HTML5プロフェッショナル認定資格」は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が運営する民間資格となります。

「HTML5」、「CSS3」、「JavaScript」など最新のマークアップに関する知識やスキルを、公平な立場で認定する資格試験となり、「Level.1」と「Level.2」の2つのレベルが用意されています。

この資格試験を通じて、Webの世界を形作るHTML(HyperText Markup Language)の理解を深められるとともに、同じくWeb業界ではよく用いることになるCSSやJavaScriptの知識も学ぶことができます。

Webページが技術的にどのような仕組みになっているかも見えてくるため、Webエンジニアはもちろん、WebデザイナーやWebマーケッターなど、Web業界で働く人間であれば誰であっても役立つ資格といえるでしょう。

なお、アイティメディアが行う調査「@IT スキル調査 2015.09」にて「今後取得したい資格」の項目でNo.1に輝いた実績もあり、多くのITエンジニアやWebエンジニアから注目されている試験ともいえます。

参考:HTML5プロフェッショナル認定試験」公式サイト

難易度:★★☆☆☆(Level.1の場合)

Java(TM)プログラミング能力認定試験

「Java(TM)プログラミング能力認定試験」とは、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する民間資格となります。

人気のプログラム言語である「Java」に関する認定試験となり、試験では、Javaの基礎知識や、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力が問われます。

これからJavaを学び始める入門者を対象とした「3級」から、中級者用の「2級」、プロのエンジニアやプログラマー向けの「1級」まで、3つの級が用意されています。

Javaは世界的に普及している言語であり、企業向けの大規模なシステムから、Webアプリケーション、スマホゲームの開発までさまざまな場所で用いられており、Java案件は求人の数としても多いです。

Javaはそのように需要の大きい言語であるため、資格勉強を通じて理解を深めておくと、将来仕事の幅も広げられることも多いでしょう。

また、Javaはプログラミングの入門としても利用しやすい言語でもあるため、これからWebエンジニアやWebプログラマーを目指すエンジニアの卵の人にもおすすめです。

参考:サーティファイ Java(TM)プログラミング能力認定試験

難易度:★★☆☆☆(3級の場合)