整体師の働き方の種類とその特徴

整体師の雇用形態

整体師は「整体院などに勤める場合」と、「独立して自分で開業する場合」の大きく分けて2つの働き方があります。

前者の場合、正社員はもちろん、アルバイトやパート勤務という雇用形態で働くことも可能です。

そのため、女性の整体師が結婚後、家事や育児をしながら無理なく仕事を続けているケースもあるようです。

どちらの形で働くとしても、整体師は経験やスキルがあるほうが歓迎されやすい職業です。

また、民間の整体師資格や整体とも関連性のある「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」などの国家資格を持っていると、より良い条件で働きやすいでしょう

正社員の整体師

整体師として働く人で、一番多い雇用形態は整体院やサロンなどに雇用されて働く正社員です。

整体院は、全国規模で展開したり専門学校を経営したりする大きな整体院グループから、数人で経営している整体院までさまざまです。

正社員といっても、勤務先によって雇用条件は大きく異なりますので、注意が必要です。

派遣の整体師

派遣会社に登録して、さまざまな場所で働く整体師もいます。

派遣先としては、特定のサロンのほか、企業やホテルなどの施設、さらには個人宅の場合もあります。

アルバイト・パートの整体師

未経験可の求人も多い

整体師は、もちろんアルバイトとして働くことも可能です。

未経験可の求人もあり、たとえ未経験だとしても、本人のやる気と学ぶ意欲さえあれば、整体師として採用される可能性はありますので諦めずに応募しましょう。

未経験でも働ける整体院を探すコツは、比較的大手の整体院の求人を探すことです

個人の小さな整体院で人を雇う場合は、未経験よりも即戦力になる人を採用したいと思う傾向にある一方、全国にチェーン展開しているような大手の整体院であれば、アルバイト(見習い)として入社後、研修という形で整体の知識や技術を働きながら学べることが多いためです。

収入を得ながら整体の技術を学べるというメリットがあるので、資格がなくても実務経験を重ねることができます。

学校に通いながら働く

専門学校等で学んでいる整体師志望の学生を歓迎している整体院の求人も多くあります。

学生のうちに現場での経験を積んでおくことは大きなメリットとなり、場合によっては学校卒業後にそのまま正社員として登用される可能性もあります。

また、アルバイトの場合は勤務日数や勤務時間に自由がきく働き方のできるところが多く学生でも働きやすい環境と言えます。

学校での技術指導と勤務先での方針が異なることもありますが、現場の指示に従い柔軟性を持って働く必要があるでしょう。

時給は能力が反映される

アルバイトの時給は800円前後から1500円程度とかなり幅を持った記載がされています。

これは整体師が技術職であるため、単純に時給は能力によって決定することが多いためです。

未経験であれば最低額からのスタートですが、資格を持っていたり、他院での現場経験があったりすればはじめから1000円以上の時給で働けることも珍しくありません。

フリーランスの整体師

整体師は一人でもできる仕事のため、まったくのフリーとして仕事をする人もいます。

独立開業する人もいますが、店舗を持たずに出張整体などの形でさまざまな施設や個人宅を周って仕事をする人も少なくありません。

また、空いている日にアルバイトとして他の整体院に出勤したり、複数の整体院を掛け持って働いたりしているフリーの整体師も少なくありません。

副業・在宅の整体師

整体師は副業ですることもできます。

マッサージやカイロプラクティック、リフレクソロジーなどのスキルを持った人が、副業として整体をすることもあります。

また、整体は施術のために特別な道具や施設は必要ないため、自宅の一室を開放して自宅で整体をする人もいます。